診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

ベイザー波による
脂肪吸引効率的に採取

ベイザー脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引とは

脂肪を分解

脂肪を分解しながら柔らかくし、吸引しやすくしてくれます。

脂肪にだけ働きかける超音波の照射と、刃のないカニューレによる吸引で血管や筋肉、神経などの組織を損傷させずに、より多く効率的に吸引できます。

こんな方にオススメ!

太った女性と痩せた女性

  • ダウンタイムをなるべく短くしたい方
  • 再手術を検討されている方
  • 脂肪が硬い方
  • 皮膚のたるみが心配な方
  • 痩せ形の方
  • 男性の方

ガーデンクリニックのベイザー脂肪吸引

施術風景

従来の脂肪吸引施術においては3万件を超える症例数を誇る当院。
手作業による丁寧なボディデザイン法「シリンジ法」とともに行うことで、身体の負担を軽減しながら余すことなく吸引し、すっきりとしたボディラインへ導くことが可能になりました。

特徴

1. ダウンタイムを軽減できる

説明

VASER(ベイザー)波は、血管や神経などの組織に影響しないため、 出血や腫れ、痛みを最小限に抑えた吸引が可能になりました。
従来のシリンジ法による方法よりもさらにダウンタイムを短縮しますので、日常生活への復帰が早く、ストレスになりません。

2. 短時間の施術

説明

柔らかくなった脂肪は刃のないカニューレで吸引できるため、施術部位によっては短時間でより多く吸引を可能にします。
侵襲を抑えた身体に優しい方法と言えます。

3. タイトニング効果が見込める

説明

脂肪細胞以外の皮下組織をほとんどダメージなく残せるため、吸引部位の組織でタイトニング効果が見込め、お肌が引き締まります。吸引後のお肌にたるみが生じることはほとんどありません。

4. 皮下脂肪全体の90%まで吸引

説明

再手術で行う患者様や元々が痩せ型の体型の方でもしっかり吸引できます。

5. 脂肪注入のための細胞を採取

説明

豊胸やエイジングケアのための脂肪注入に使用する新鮮な細胞なので、定着しやすく半永久的な効果が期待できます。

処置可能な部位

頰・顎

耳たぶの裏と顎の先端のすぐ裏に小さな切開をしますので、正面からは見えません。
1週間程度は腫れますが、少しふっくらしたように見える程度です。
内出血はごく軽度に出ますが、お化粧で隠すことができます。

二の腕・付け根

肘のシワと、脇のシワに沿って切開をします。腫れは1週間ほど、内出血は2週間ほどでほとんどなくなります。
ボレロタイプの圧迫下着で圧迫します。

お腹・腰回り

へその中と鼠径部を切開します。専用のコルセットのようなもので圧迫します。
内出血や腫れは1~2週間以内でほとんどなくなり、痛みは筋肉痛のような感じです。
数日間は寝たり起き上がったりするときに多少ズキズキすることがあります。
腰の部分は体の後ろ側なので、臀部の上に小さな切開をします。

太もも(外側・裏側)

お尻の下のしわと、腰の付近を切開します。着圧ストッキングで圧迫します。
内出血や腫れは1週間以内でほとんどなくなり、痛みは筋肉痛のような感じです。
数日間は固い椅子に座ると多少痛むことがあります。

内もも・ひざ内

内ももは鼠径部とお尻の下のしわを切開します。
ひざ内は、ももの内側や、膝の裏のしわなどに小さな切開をします。圧迫は着圧ストッキングを使用します。
内出血や腫れは1~2週間以内でほとんどなくなり、痛みは筋肉痛のような感じです。
ごく稀に重力の関係で、膝の下まで内出血が及ぶこともあります。

ふくらはぎ・足首

膝の裏のしわと、アキレス腱の両サイドで足首の後ろ側のしわを切開します。
内出血や腫れは1~2週間以内でほとんどなくなり、痛みは筋肉痛のような感じです。
むくみやすい部位ですので、着圧ストッキングでしっかり圧迫することが大切です。

お顔の引き締めにも

施術15分 翌日からメイク可能

加齢と共に目立ってくる頬・顎のたるみにも内出血を抑えて施術を行えます。
但し、お顔はお身体の他の部位と比べて脂肪量が多くありませんので、効果が出やすい部位である反面、吸引量の微調整が必要となるため、症例数や実績が豊富にあるクリニックでの施術が絶対条件と言えます

当院では、チークリポサクション法による頬顎の脂肪吸引でお顔のたるみ改善、小顔引き締め効果を多数実現してきました。
小顔施術をご希望の方、頬のたるみ、二重アゴでお悩みの方は是非カウンセリングへお越し下さい。

施術の流れ

1. カウンセリング

カウンセリング

カウンセラーが患者様のお悩みやご希望を丁寧にお伺いしながら、カルテ問診票に必要事項を記入いただきます。
現在服用しているお薬、アレルギー等、体の状態などをお伺いいたします。

2. 医師による診察

診察

医師により現在の状態を診察させていただきます。
吸引可能な範囲やおおよその量などお体に合った方法をご案内致します。

3. 術前デザイン

デザイン

お部屋にてお着替えをしていただき、治療の準備をさせていただきます。
担当医がお部屋にお伺いし、吸引を行う部位のデザインを行います。
当院では必ず立った状態で患者様の希望を再度確認しながら細かくデザインを行うため、より理想的なプロポーションをつくることができます。

4. 手術

医師

手術は基本的に局所麻酔で行うため手術中に痛みを感じることはほとんどありません。
しかし患者様のご不安を取り除き、痛みに対する恐怖心を抑える静脈麻酔を行っております。静脈麻酔とは、麻酔科医と共同開発した麻酔法です。
心拍や呼吸状態のモニターで全身状態を厳重に管理した上で、医師により施行されます。

また、痛みは術後に生じます。
ガーデンクリニックでは手作業で丁寧に吸引していきますので、皮下組織や血管をほとんど傷つけることなく行えますから、内出血や痛みを抑えることが可能です。

5. アフターケア

サポーター

【圧迫】
包帯による圧迫は翌日まででOKです。翌日からはストッキングやサポーターに交換していただき、日常生活を送っていただいております。

CET

【CET】
CET(高周波温熱療法)は深い層の脂肪を取り除いた手術後のケアです。

また、傷跡ですが吸引口を開けた際にできる傷でとても範囲の狭いものです。しかし、手術後その傷跡は徐々に濃くなっていく場合があります。これは傷跡の「色素沈着」によって起こるものになります。術後の傷跡にできる赤み、茶色みは時間の経過と共に肌の色に馴染んで目立たなくなります。

主なリスク・副作用

脂肪吸引後は、以下のような症状が見られる可能性があります。

●むくみ 1週間程度
●腫れ 3日程度
●痛み 術後2、3日をピークに、1週間ほど筋肉痛のような痛み
●内出血 2週間程度
●つっぱり感 術後約1週間~3ヵ月程度

稀に、吸引部位において炎症や感染などが見られることがあります。腫れや熱感、赤み、痛みが長引く場合は、直ちにクリニックへご相談ください。