美容整形・美容外科

美容皮膚科

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

tel
お電話

plus
ご予約

menu
メニュー

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

閉じる

無料カウンセリング 無料メール相談 モニター予約

tel-icon 0800-813-9290

受付時間

無料カウンセリング メール相談 Garden Clinic LINE

美しい太ももを手に入れよう!
太ももの脂肪吸引で
理想のシルエットを実現

太もも

太ももの脂肪吸引について

太ももの脂肪吸引について

太ももの脂肪はダイエットや運動で落ちにくい脂肪です。ある程度脂肪がついた状態ですと、かなり追い込んだダイエットや運動をしない限り理想的な太ももは実現できません。

ですから脂肪吸引でスリムにするのがきれいな太ももを手に入れる一番の近道です。

太ももが細くなるだけでなくたるみも改善しますのでパンツのサイズダウンが実現できます。

太ももの脂肪吸引はこんな方におすすめです

  • ✓脚と脚の間にすき間が欲ししい
  • ✓なかなかダイエットの効果が出ない
  • ✓細く美しい脚になりたい

太ももの脂肪吸引をお考えの方へ

太ももの脂肪吸引をお考えの方へ

脂肪は取りすぎてしまうと、皮膚が硬くなり、色素沈着して美しい仕上がりにはなりません。ですから皮膚直下の浅い層の脂肪は傷つけないように慎重に吸引を行います。

また、均一に脂肪を取りませんと、凸凹になってしまいます。経験のない医師がやみくもに手術を行い、皮膚はカチカチに硬く、茶色くなり、凸凹になってしまうのは脂肪吸引の概念が間違っているからです。

正しい脂肪吸引というのは根こそぎ皮下脂肪を取るものではないのです。

女性らしい太もものラインを残しつつ、細くするのが当院のコンセプトです。

当院が選ばれる理由

シリンジ法により、ダウンタイムを軽減

当院が行うのは医師が手作業で数㏄ずつ脂肪を吸引するシリンジ法です。

これにより、機械にはできない、彫刻のように美しいボディデザインが可能。

また、シリンジ法は血管や皮下組織への侵襲を最低限に抑え、術後の内出血や、不快なダウンタイムの痛みを軽減させることができます。

数多くの症例をこなしてきたからこそできる、美しいボディデザイン

患者様のお身体は左右差、バランス、脂肪の付き方、骨格など、お一人お一人が全く違っています。

当院は機械的に脂肪を吸引するだけでなく、患者様だけに合った脂肪吸引をすることで、患者様が本来持っている美しさを最大限引き出します。

充実のアフターフォロー

当院の施術は手術をして終了ではありません。

ダウンタイムを乗り越え、完成するまで寄り添います。

完成するまでの定期検診は勿論、痛み止めや腫れ止めを処方するだけでなく、圧迫着に関しても無料で提供いたします。

更に、3回のインディバマッサージも実施しております。

インディバを受けることで、ダウンタイムの症状を緩和させ、仕上がりをより美しくさせる効果も期待できます。

太ももの脂肪吸引とは

太ももの脂肪吸引といっても、部位が5か所あります。

太ももの内側、外側、ひざの内側、後面、臀部(お尻の部分)です。

太ももの脂肪吸引とは

この5部位の脂肪を取る事で太もも周り全体をサイズダウンできます。

例えば、太ももの外側だけの脂肪を取っても、太ももの内側に隙間がなければサイズダウンした実感を得られません。逆に、太ももの内側だけ吸引しても外側やひざの内側には脂肪がありますので、服のサイズは変わりません。

ですから太ももの一部だけでなく、太もも前周と臀部(お尻)の手術を一緒にする事が美しいボディラインへの近道なのです。

施術の詳細と方法

施術の詳細と方法

細い専用の吸引カニューレを使用し、脂肪を取り除く手術です。

この手術中は眠くなる点滴の麻酔をしますので、ぐっすり寝ている間に終わります。

手術中の痛みは感じません。手術時間は2時間程度です。

カニューレ挿入場所について

足の付け根のしわの部分といった目立たない部分からカニューレを入れますので傷が目立ちません。

脂肪吸引のメリットと効果

太ももの手術によって、足の隙間が出来て引き締まった太ももを実現できます。

この手術により、自信を取り戻し、洋服選びや日常生活においても満足感を得ることができます。

麻酔について

太ももの手術では、局所麻酔に加えて、静脈内鎮静法という眠る麻酔を点滴しながら行います。

熟睡している間に手術が終わります。

患者様の安全と快適性を確保するために、手術中も呼吸や脈をモニターしながら手術を行います。

脂肪吸引の手術ステップ

デザイン

デザイン

当院ではどこの脂肪をしっかり取るか、どこの部分は取りすぎないようにするかをしっかりデザインしてから、吸引を行います。

デザインは必ず起立した状態で行います。寝た状態でデザインをすると重力で脂肪が偏り、正しいデザインが出来ません。

医師は患者様が普段の生活をしている状態の時に美しい太ももの形になるようにデザインしています。

施術

施術

当院の脂肪吸引は基本的に手作業で行うシリンジ法です。まず吸引カニューレを挿入し、局所麻酔を注入します。

脂肪組織に麻酔が十分浸透した後、シリンジに陰圧をかけ、脂肪を吸引します。適切な吸引量と均等な吸引を行います。

手術時間とダウンタイム

手術時間とダウンタイム

手術時間は、個人の状態や施術範囲によって異なりますが、一般的には2時間程度です。

ダウンタイムは個人差がありますが、翌日からデスクワークなどのお仕事は可能です。

手術後は歩いて帰宅できます。手術日は圧迫のため包帯を巻いて帰宅していただきますので、ゆったりとした服装でご来院ください。

筋肉痛に似た症状や違和感が1週間ほど続きます。手術当日が最も感じやすくなりますが、痛み止めを飲んでいただければ治まる程度です。

その後徐々に軽減していきますので、処方された痛み止めは3日目以降服用されなくなる方がほとんどです。とはいえ、術後2週間頃までは、全速力で走ったり階段を駆け登ろうとしたりすると、違和感や動きにくさを感じたり、鈍く痛むことがあります。

アフターケア

手術翌日圧迫包帯を外しにいらしてください。
手術後2〜7日圧迫用ストッキングを24時間お使い頂きます
手術後 〜3ヶ月程圧迫用ストッキングを1日12時間3か月程度お使いいただきます。

手術後のアフターケアは非常に重要です。

圧迫のストッキングは内出血や腫れを最小限にするために必ずお使いください。

また、継続して使用する事でより引き締まった太ももになります。

術後すぐに太ももが細くなった事は実感頂けますが、半年程度かけてさらに引き締まっていきます。

ですから月1回の定期検診で太ももが引き締まっていっているか医師が確認させていただきます。

ご不安な点等がございましたら検診の際にお気軽にご相談ください。

手術後のケア

手術後のケア

術後は腫れや内出血を最小限にするために帰宅時には包帯できつめに圧迫します。翌日ご来院頂き、包帯を外します。

その後圧迫ストッキングを1週間使用していただきます。

医師の指示に従い、処方された薬の服用が必要です。

また、圧迫ストッキングの適切な使用、安静や適切な食事制限などを守ってください。お渡しする消毒薬で傷口の消毒をしていただきます。

施術後の経過

施術後は個人差がありますが、腫れや内出血の症状は数週間で軽減し、結果が徐々に現れます。

最終的な結果は個人の体質や施術範囲によって異なりますが、スリムで引き締まった太ももを実感できるでしょう。

ビフォーアフターの写真を参考にしてください。

施術後の経過
  • お尻の脂肪吸引
    Before
    お尻の脂肪吸引
    After
    お尻の脂肪吸引
    Before
    お尻の脂肪吸引
    After
    20代/女性

    お尻の脂肪吸引 症例No.L-H0051

    ドクターからのコメント

    太ももを細くしたいと相談に来られました。内ももの間に隙間が欲しい、さらには大きいお尻をキュッと引き締めたいとのことでした。そこでお尻の外側、お尻と太ももの境目、内ももの余分な脂肪を吸引することにいたしました。

    術後6ヶ月が経過した写真です。歪だったお尻の形が美しくなり、太ももの間にも隙間が出現しているのが分かります。脂肪吸引は細くしたい部分の脂肪細胞自体を取り除くため、一度吸引した部位はリバウンドが少なくなります。また、ボディをデザインしながら脂肪を除去できるため、美しいラインを描くボディへと変身することが可能です。

    施術料金

    脂肪吸引 1部位:132,000~440,000円(税込)

    注意事項

    【お尻】手術翌日から麻酔液の影響でむくみが出ます。他の部位に比べてむくみが強く出ず、術後3日ほどで徐々に落ち着いていくでしょう。術後の痛みに関しては、術後約3日をピークに1週間ほど筋肉痛に似た痛みが続き、その間座る姿勢では違和感を覚えるかもしれません。内出血が出た場合、術後1~2週間かけて徐々に改善します。また、術後1週間ほどを過ぎた頃に患部が硬くなり始めます。皮膚本来の柔らかさになり、完成となるまでの期間は約3ヵ月です。

  • お尻の脂肪吸引
    Before
    お尻の脂肪吸引
    After
    お尻の脂肪吸引
    Before
    お尻の脂肪吸引
    After
    お尻の脂肪吸引
    Before
    お尻の脂肪吸引
    After
    20代/女性

    お尻の脂肪吸引 症例No.L-H0050

    ドクターからのコメント

    外側に張り出したお尻と太ももが太いことを気にされて来院。お尻が四角く、太ももの内側に隙間がない状態でした。キュッと引き締まったお尻、ほっそり美脚になりたいということでしたので、脂肪吸引を実施することにいたしました。

    術後8ヶ月が経過した写真です。太ももの内側に隙間ができ、すっきり美脚になっているのが分かります。また、四角だったお尻がキュッと引き締まり、小尻にチェンジ。脂肪吸引の最大の特徴がボディメイクできる点。仕上がりをイメージしながら、余分な脂肪をデザインするように吸引するので、ダイエットでは叶わないボディメイキングを実現。1度脂肪を除去した部位はリバウンドが少ないのも嬉しいポイントです。

    施術料金

    脂肪吸引 1部位:132,000~440,000円(税込)

    注意事項

    【お尻】手術翌日から麻酔液の影響でむくみが出ます。他の部位に比べてむくみが強く出ず、術後3日ほどで徐々に落ち着いていくでしょう。術後の痛みに関しては、術後約3日をピークに1週間ほど筋肉痛に似た痛みが続き、その間座る姿勢では違和感を覚えるかもしれません。内出血が出た場合、術後1~2週間かけて徐々に改善します。また、術後1週間ほどを過ぎた頃に患部が硬くなり始めます。皮膚本来の柔らかさになり、完成となるまでの期間は約3ヵ月です。

  • お尻の脂肪吸引
    Before
    お尻の脂肪吸引
    After
    30代/女性

    お尻の脂肪吸引 症例No.L-H0049

    ドクターからのコメント

    お尻から太ももにかけて細くしたいと来院されました。太ももの内側はなかなか脂肪が落ちにくい部位のため、悩んでいる方も多くいらっしゃいます。そこで太ももの内側、お尻の外側と後ろの贅肉を脂肪吸引で除去することにしました。

    術後3ヶ月が経過した写真です。お尻から太ももにかけてほっそりしているのが分かります。当院の脂肪吸引は闇雲に脂肪を除去するのではなく、手作業で丁寧に脂肪を見極めながら、吸引していきます。こうすることで滑らかな仕上がりになるばかりか、腫れや内出血などのダウンタイムも軽減することができます。

    施術料金

    脂肪吸引 1部位:132,000~440,000円(税込)

    注意事項

    【お尻】手術翌日から麻酔液の影響でむくみが出ます。他の部位に比べてむくみが強く出ず、術後3日ほどで徐々に落ち着いていくでしょう。術後の痛みに関しては、術後約3日をピークに1週間ほど筋肉痛に似た痛みが続き、その間座る姿勢では違和感を覚えるかもしれません。内出血が出た場合、術後1~2週間かけて徐々に改善します。また、術後1週間ほどを過ぎた頃に患部が硬くなり始めます。皮膚本来の柔らかさになり、完成となるまでの期間は約3ヵ月です。

むくみが改善されるまで

手術時に注入する麻酔液の影響で、翌日から3日目頃は強くむくむ傾向にあります。脚は元々むくむことの多い箇所であるため、その後は軽めのむくみが日数をかけて引いていきます。マッサージや着圧ストッキングの使用で改善できますが、気にされるようでしたら、術後は長い丈のお洋服で隠すとよいでしょう。

内出血(青あざ)が消失するまで

脚部は内出血が強く出やすい箇所で、とくに太ももは皮膚が薄いため目立ちやすいといえます。しかし、5日ほどで紫色から黄色っぽい内出血に変わり、3週間ほど経てば目立たなくなる方がほとんどです。

完成までにかかる日数

むくみが引けば脚が細くなったことを実感していただけると思いますが、つっぱり感が完全に消えるまでには、3ヵ月ほどかかると見越してください。ただし、このつっぱり感は生活に支障をきたすようなものではありません。

当院では、このつっぱり感や内出血、むくみなどを軽減するために、インディバ(高周波温熱療法)というアフターケアやご自宅でのセルフマッサージのご説明など、完成に至るまでのフォローを術後も継続していきます。

手術当日から3ヵ月後までの経過と過ごし方

手術後10日目までと、3週間後、1ヵ月後、2ヵ月後とご説明しています。

※経過には個人差があり、吸引する脂肪の量や体質などにより度合いが異なります。あくまでガーデンクリニックの患者様の平均的な経過であることをご了承ください。

手術当日

患部の状態

ガーデンクリニックの脂肪吸引はお身体へのご負担を抑えていますので、強く痛んだり、傷口から多量に出血したりするといった心配はほとんどありません。

また、術後の痛みには個人差がありますが、痛み止めを飲んでいただくことで緩和できます。

30分程度休憩していただいた後に、歩いて帰宅することが可能です。

カニューレを挿入した傷口から残った麻酔液が出ることがあります。汚れてもいい服を着用したり、寝具にはタオルを敷いたりして対策しましょう。

圧迫

むくみや内出血を軽減するために、包帯で圧迫固定をします。外したり、緩ませたりしないようにしてください。

お風呂

シャワー、入浴ともにお控えください。

検診や診察

手術前に診察を行います。体調が優れない方は無理せずお申し出ください。

お薬

抗生物質を5日分処方いたします。指定された時間帯に服用してください。

その他、腫れ止めや痛み止め、傷口用の消毒薬などを処方します。痛み止めは適宜服用してください。

お食事

当日は胃の負担になりにくいものをご飲食ください。

日常生活やお仕事

術後の歩くスピードは通常よりも遅くなってしまうことがあります。ご帰宅時間などにはご注意ください。

また、術後は貧血状態になる可能性があります。ご帰宅中などに気分が悪くなった際はしゃがんでいただき、少し休んでから動くようにしてください。

ご帰宅されましたら、お早めにお休みください。

1日目(手術翌日)

患部の状態

施術箇所全体に、筋肉痛のような感覚があります。また、麻酔液がまだ少し皮下に残留していることにより、むくみが出ます。

圧迫

包帯を外し、圧迫用のストッキングを使用します。黒やベージュといった、見た目には普通のストッキングに見えるものです。

お風呂

シャワーは浴びていただけるようになりますが、湯船には浸からないでください。

検診や診察

状態確認のためクリニックに来ていただくか、お電話でご報告ください。

お薬

処方した抗生物質を忘れずに服用してください。傷口には、消毒薬を塗布してください。

お食事

通常通りのお食事が可能ですが、飲酒はむくんだり痛んだりしやすくなってしまうためお控えください。

日常生活やお仕事

包帯を外してストッキングに切り替えると、多少歩きやすくはなりますが、やはり動くと筋肉痛のような感覚があり、排泄や着座などの動作がしにくいかと思います。

デスクワークのようなお仕事でしたら復帰も可能ですが、外回りなどでたくさん歩くお仕事ですと、普段のペースで移動がしにくいかと思います。差し障るようでしたらお休みを取るといいかもしれません。

2日目

患部の状態

むくみや内出血が出始めますが、時間の経過とともに徐々に落ち着いていきます。

ストッキングを着用する時や物がぶつかった時、足腰にぐっと力を入れた時などに、まだ少し痛みを感じます。

圧迫

ストッキングによる圧迫を継続してください。

お風呂

シャワー浴のみ可能です。

検診や診察

特に異常がないようでしたら、ご来院の必要はございません。

お薬

抗生物質をお飲みいただき、傷口には消毒液を塗布してください。

お食事

通常通りお召し上がりいただけます。飲酒は引き続き抜糸までお控えください。

日常生活やお仕事

通常通りの生活を送っていただいて構いません。ある程度動いた方が、むくみやつっぱり感が回復しやすくなります。しかし、お辛い場合は無理をせずにお休みください。

術前よりも歩きづらくなりますので、出勤や通学、お待ち合わせなどには時間に余裕をもって行動されることをおすすめします。

3日目

患部の状態

痛みがピークに達している頃ですが、痛み止めを服用していただければ、気にならない程度に緩和されます。

足首あたりまでむくんでいる頃ですが、1週間程度で徐々に落ち着いていきます。

また、傷口が治る過程でかゆみの出ることがありますが、傷口を引っ掻くと色素沈着する恐れがあります。掻かないよう気をつけてください。

圧迫

引き続き続けてください

お風呂

シャワーを浴びていただけます。

検診や診察

抜糸までご来院の必要はございません。

お薬

抗生物質を必ず飲んでいただき、傷口の消毒も行ってください。

日常生活やお仕事

個人差はありますが、少しずつ活動しやすくなってくる頃です。ふくらはぎの脂肪を吸引された方の場合は、足の甲までむくんだりすることもあり、一時的に靴がきつくなるかもしれません。

4〜6日目

患部の状態

この頃には痛むこともなく、痛み止めを飲まなくなる方がほとんどです。内出血の色味も黄色っぽく変わり、むくみも徐々に引いていきます。

圧迫

継続して行ってください。

お風呂

シャワー浴のみ可能です。

お薬

処方した抗生物質は5日分です。必ず飲みきってください。傷口の消毒も抜糸まで欠かさずに行ってください。

お食事

抜糸までは引き続き飲酒をお控えください。

適度な水分補給や塩分を控えると、むくみが改善されやすくなります。

日常生活やお仕事

足首の下にタオルなどを置いて足を高くして寝ると、日中のむくみが軽減されやすくなります。

7日目(手術1週間後)

患部の状態

経過を確認いたします。治癒の過程でかゆみが出てくる場合もありますが、掻かないようにご注意ください。

圧迫

術後1ヵ月までは、1日12〜24時間の圧迫を継続していきます。

お風呂

抜糸の翌日から入浴が可能になります。

検診や診察

抜糸と検診を行います。

お薬

抜糸を終えたら、消毒薬の使用期間は終了です。

お食事

飲酒が可能になりますが、飲みすぎはむくんだり強く痛んだりしてしまう原因となります。

日常生活やお仕事

圧迫による動きづらさは多少ありますが、これまでよりも身体を動かしやすくなっているかと思います。

8〜10日目

患部の状態

脂肪を吸引した部分が次第に硬くなり、動くとつっぱるような違和感があるかもしれません。これは正常な治癒経過で、時間とともに改善されていきます。

お風呂

8日目から湯船に浸かっていただけます。

検診や診察

1ヵ月ごとに定期検診を行っていますが、何か気になることなどがあれば遠慮なくご相談ください。

お食事

健康的な食生活を心掛けていただくと、さらなる痩身効果が見込めます。

日常生活やお仕事

歩行時の違和感などはほとんどなくなっている頃ですが、あぐらを掻いて座る時などはまだ違和感があるかもしれません。

抜糸後は手術後の状態維持のために、ウォーキングやヨガといった適度な運動を心掛けるようにしてください。つっぱり感やむくみもストレッチやマッサージをすることで、より早期の回復に導きやすくなります。

3週間後

患部の状態

痛みはほとんどなくなり、内出血も目立ちにくくなっている頃です。

日常生活やお仕事

術前とほぼ同じように動けるようになり、スポーツも無理のない範囲で行っていただけます。

1ヵ月後

患部の状態

皮膚に硬さが残るようなつっぱり感は多少あります。内出血はほとんど消失しますが、鮮やかな紫色の内出血が残っている場合は、直ちにクリニックへご相談ください。

圧迫

ストッキングを外せるようになりますが、可能であれば3ヵ月くらいまでは就寝時にストッキングをつけることをおすすめします。

検診や診察

検診に来ていただき、術前同様に術後の経過写真をお撮りします。

日常生活やお仕事

圧迫期間が終わりとなりますが、可能な範囲で続けていただくと良いでしょう。

2ヵ月後

患部の状態

脚を伸ばすと少し張るような感覚もありますが、皮膚のつっぱり感はよく触らなければ分からない程度まで改善します。

圧迫

できる範囲でストッキングを着用しましょう。

お風呂

身体が温まっている入浴中やお風呂上がりのセルフマッサージがおすすめです。。

検診や診察

月に1度の定期検診を行います。気になることがありましたら、遠慮なくご質問ください。

日常生活やお仕事

むくみも治まり始め、タイトスカートやパンツなどもゆるく感じるようになります。

3ヵ月目に向けてしっかりとマッサージをすることで、より美しいラインに近づきます。

3ヵ月後

患部の状態

早い方ですと、3ヵ月でほぼ完成の状態となります!ここからは半年~1年かけて身体が引き締まっていきます。

圧迫

圧迫の必要はほぼありませんが、まだ術前よりはむくみやすさが残る可能性もあります。着圧効果のあるストッキングやタイツ、むくみ対策ソックスなどの使用をおすすめいたします。

お風呂

身体が温まっている入浴中やお風呂上がりのセルフマッサージがおすすめです。。

検診や診察

定期検診は月に1回行っていきますが、検診までの期間にご心配なことや気になることなどございましたら、お電話やメール、直接のご来院にてご相談ください。

日常生活やお仕事

ここからは適度な運動や健康的な食事も続けていき、美脚を維持していきましょう。

太ももの脂肪吸引のよくある質問

一般的な疑問や質問に対して、よくある回答をまとめました。

手術の費用、痛みの程度、手術後の経過などについて詳しく解説します。

また、個別の質問に対する回答を得るために、カウンセリングや問い合わせの方法についても説明します。

  • 太ももの脂肪吸引は痛みが伴いますか?

    当院の手術は局所麻酔と静脈内鎮静法を用いて行われるため、手術中は熟睡しています。手術中に痛みを感じません。ただし、手術後は包帯で圧迫しますのでその部分はお痛みが生じます。

    ただ、このお痛みは鎮痛剤で治まる程度です。痛みは筋肉痛の様な痛みです。

  • 太ももの脂肪吸引のダウンタイムはどれくらいですか?

    翌日からデスクワークが可能です。入浴は1週間出来ませんので、シャワーのみにしいただきます。術後は全く動かさないという状態よりは多少動いて、吸引した部分が固まってしまわない様にする事も必要です。

    具体的には医師や看護師の指示に従った生活をしましょう。飲酒や入浴は1週間経過してからにしていただいております。

  • 効果はどれくらい持続しますか?

    一度取り除かれた脂肪細胞は再生しないため、基本的には後戻りはありません。

    ただし、生活習慣や体重の変化によって脂肪が再分布する可能性があるため、バランスの取れた食事や適度な運動を継続することが大切です。

  • 太ももの脂肪吸引の費用はどれくらいですか?

    施術の範囲によって異なります。

    正確な費用については、カウンセリング時にお見積りさせていただきます。

  • 太ももの脂肪吸引後、傷跡は残りますか?

    太もも付け根のしわの目立ちにくい部分からカニューレを入れます。

    傷跡は最小限に抑えるように施術するため、2,3か月後にはほとんどわからない状態になります。