診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

よくある質問

お問い合わせの多い内容

ダウンタイムとは?

日常生活が通常通り行えるようになるまでの時間のことを言います。
美容整形や整形で言われる「ダウンタイム」とは大きく4つに分けられます。
1.術後の痛み
施術内容にもよりますが、 術後の痛みもダウンタイムを要する一つです。
シリコンバッグによる豊胸手術は、 痛みのための時間を準備しておくほうが無難です。
2.術後の腫れ
顔の整形、特にまぶたは腫れが最も問題になります。
術後の腫れは施術を受ける前にはイメージしにくいことが多いです。
きちんとカウンセリングの際に腫れの期間や程度を確認することが必要です。
3.術後の内出血
脂肪の吸引や、顔の整形では内出血もダウンタイムが必要になります。
脂肪の吸引では広範囲に内出血がでる場合があるため、 2週間ほど要する場所があります。
プチ整形でも内出血の可能性はありますが、 コンシーラーを利用することでダウンタイムを短くすることが可能です。
4.抜糸
プチ整形を除くほとんどの施術は抜糸が必要になります。
大抵の場合5日から7日後に抜糸を行いますが、 まぶたや顔の場合は、この期間もダウンタイムとなります。
溶ける糸を使用して抜糸をしない場合は、 溶けるまでに3週間から4週間かかるため、更に伸びることになります。

痛みはどのくらいですか?

痛みは、施術内容により差があります。
ほとんど痛みを感じないもの、痛みの強いものがあります。
施術中の痛みと、術後の痛みに大別されます。
ガーデンクリニックでは、 無痛麻酔を使用することにより施術中の痛みは、 感じることなく受けていただけます。
術後の痛みは、個人差や施術内容により差があります。

二重にする費用は?

二重にするためにかかる費用は、使用する糸、使用する糸の本数、 方法の違い(埋没法、切開法、部分切開法、目頭切開、まぶたの脂肪とり)、 そして保証期間によって異なります。
二重術は、多くのクリニックで受けられる施術ですが、 安い費用で行えるクリニックも多くありますので選ぶ際に悩んでしまう場合があります。
しかし費用の安いクリニックは、 忙しさからお一人お一人に時間をかけられず、きちんと対応できない場合があります。
反対に費用が高額になるクリニックでは、医師の経験数が問題になる場合があります。
二重の整形の費用を適切に設定しているクリニックにて 施術を受けられることをおすすめします。

表情が堅くなったりしませんか?

整形を行うと表情が堅くなるのではというご相談をよく伺います。
表情を作る表情筋は、お顔の深い層にあるため、美容系の施術を受けてもあまり変化はなく、 実際には表情が堅くなることはありません。
特にボトックス注射による施術で表情がなくなるのでは、 と心配される方が多いようです。
ボトックス注射は目尻や額に注射し、 しわを出来なくするポピュラーなものです。
ボトックス注射は特に表情をなくすイメージがあるのですが、 実際にはしわをなくすだけです。
10代で目尻や額にしわは出来ることはありません。
だからといって10代のころに表情が堅いわけではありませんよね。
しわが出来なくなることと表情が堅くなることは別の問題です。

美容外科とはどのようなところですか?

2006年のベストセラーの一冊に「人は見た目が9割」という本があります。
内容はノンヴァーヴァルランゲージ(Non verbal language)の大切さを説いたもので、 美容外科とはあまり関係はありません。
医学という方法により、造形美を提供する診療科となります。
「整形」のほうが一般的です。
ですが形成外科や、整形外科とは異なります。
二重まぶたの手術、脂肪吸引、豊胸手術、若返り手術などが行われます。

美容外科/美容整形と形成外科の違いは?

日本美容外科医師会により美容外科と形成外科の定義がされています。
美容外科:
「身体各部における表面の器官、組織(眼、鼻、顔面、皮膚など)の形状について、 これに起因する精神的負担の軽減、除去効果も考慮し、 この形状をより美的に形成することを目的とする臨床医学の分野」
形成外科:
「身体各部における表面の器官、組織について機能異常を伴う 形態異常(口唇裂、外傷または熱傷による瘢痕、外傷による顔面の変形など)にある場合、 これを修復再建することを目的とする臨床医学の分野」 なんだか難しいですが、美容外科と形成外科の違いはいろいろあります。
美容外科も形成外科も見た目をよくする診療科です。
通常の状態で個人の希望に併せて外見をよくするのが美容外科、 病気やけが、先天性疾患から外見をよくするのが形成外科という違いもあります。
また、形成外科は病気やけがの治療、回復が主となるため 健康保険で行えるという違いもあります。

クリニックの選び方は?

インターネットや雑誌、口コミサイト、掲示板など、 情報はあふれかえってます。
情報が多すぎて正しい選び方が難しくなっています。
クリニックの選び方として、 一番確実な方法はカウンセリングに行き話を聞いてみることです。
かかる費用や、リスク、自分の思った通りの仕上がりになるかなど カウンセリングで説明を受けてみます。
いくつかカウンセリングを受けると、 その施術に関して自分なりにイメージが出来ると思います。
その上で最も、安心できるクリニックを選ぶことが重要です。

相場は?

美容整形は自由診療(治療に決められた価格がない。)です。
このため、かかる費用はクリニックごとに異なります。
しかし、価格には相場があります。
例えば、豊胸手術であれば50万円から80万円が一般的な相場です。
この相場より極端に安い、もしくは高い価格のときは理由があります。
相場より極端に安い場合は、 保証期間が短いや、バッグの品質が少し劣る可能性があります。
相場より極端に高い場合は、マッサージやそのほかの付加価値がある場合があります。
カウンセリングの際に確認されることが重要です。

高校生でもできますか?

高校生の方でも保護者の方の同意があれば可能です。
ご希望の方は保護者の方とまずご相談ください。
保護者の方の許可があれば、可能です。

中学生でもできますか?

中学生でも保護者の方の同意があれば受けることが出来ます。
まず保護者の方にご相談ください。
保護者の方の許可が必要になります。

手術するときの持ち物は?

お持ちいただくものは、 施術の内容や箇所により異なります。
脂肪の吸引や豊胸手術など 無痛麻酔を使用する場合は、ゆったりした服装でお願いします。
また、ご自分での運転は避けていただく必要があります。
お顔の施術の場合は、 メイク道具をお持ちいただくほうがいい場合もあります。
必要な持ち物については お電話、メールでお尋ねください。

傷跡は目立ちませんか?

気になるものの一つに傷跡があります。
現在では医療技術の進歩とともにより傷跡の目立たない方法が数多く存在します。
脂肪吸引の傷跡はほとんどわからないくらいのサイズです。
豊胸手術の場合は脇のしわに沿って入口を作るため、 傷跡はほとんどわからなくなります。
二重の切開法の傷跡は、 もともとまぶたの曲がる線に沿って出来るためわからなくなります。
目の下のたるみ取りは下まつ毛に沿って、 傷跡が出来ますがそばによらないとわからないくらいの傷跡です。
鼻のプロテーゼやあごのプロテーゼは、 見えない場所から挿入するため傷跡は自分でもわかりません。

二重まぶたの整形がとれることはありますか?

特に埋没法はとれる可能性があります。
切開による施術であればとれる可能性はありません。
埋没法がとれるというのは、 糸がとれるということではありません。
「元の状態に戻る」という意味です。
埋没している糸はそのままですのでご安心ください。

ばれない整形の仕方はありますか?

プチ整形のヒアルロン酸注射や、フォトフェイシャルなど レーザー治療であればご家族の方にも分からないでしょう。
しかし一重の方が急に二重になったり、 胸が大きくなったりしたら分かってしまうでしょう。
また、せっかく勇気をだして手術を受けたのに 誰にも気づいてもらえないのも少し寂しい気がします。
多くの方が心配されるのは、いかにも「整形しました」という印象や、 いわゆる整形顔などと呼ばれる誰が見ても不自然になってしまうのではないか、ということです。
可能な限り、自然な範囲で 誰にも気づかれない施術も十分可能ですので 詳しくは無料カウンセリングでしっかりご相談ください。

鼻の整形はブラックライトでばれますか?

特にプロテーゼ挿入に関して ブラックライトを当てると光るのではと心配される患者様が多くいらっしゃいます。
プロテーゼの材質はシリコンですが、 シリコンそのものがブラックライトを当てても光るわけではありません。
プロテーゼの種類によっては ブラックライトで光るものも僅かに存在しているようですが、 現在では使用されていません。
また、骨膜下という鼻の深い位置にしっかりと挿入されたプロテーゼは ずれたり、光ったりする可能性はありません。

メンテナンスや維持費などは必要ですか?


術後のメンテナンスや維持費は必要ありません。 アフターケアとして、診察や処置は必要ですが、 費用は発生しないクリニックがほとんどです。
アンチエイジングとして考えた場合はメンテナンスや維持費は必要になります。
日々少しずつですが確実に老化していきますが、少しでも遅らせることがアンチエイジングです。
お肌の状態を保つためには毎日のお手入れは必ず必要です。
また、化粧水や保湿を全くされない方も今では珍しいと思います。
アンチエイジングとしてはメンテナンスや維持費は必要となります。

やり直しには対応していますか?

他のクリニック様での整形のやり直しにも対応しています。
まずは、現在の状態を診察させていただく必要があります。
その上でやり直しが可能かどうか判断させていただきます。

整形はレントゲンでばれますか?

レントゲンが気になる施術は限られています。特にレントゲンが気になる整形は豊胸手術です。
胸のレントゲンは肺の病変を見つけるために行われます。
豊胸手術を行ってもレントゲンでばれることはありません。
胸の大きい人は輪郭のみがレントゲンには写ります。
豊胸手術のシリコンバッグも輪郭がレントゲンに写ることになります。

ローンについて教えてください

医療ローンをご用意しています。
医療用のローンで他のものと比較して金利が安くなっています。
ご希望の方は、あらかじめ電話もしくはメールでご相談ください。

分割払いは可能ですか?

医療ローンによる分割払いが可能です。
クリニックが提携している信販会社により審査があります。医療ローンにより分割払いでの施術が可能です。

保険適用されますか?

自由診療となるため、基本的に保険適用はできません。

経費として落とすことは可能ですか?

領収書の発行は行っています。
ただし経費としてはほぼ落とせないと思われます。税務署、税理士とご相談ください。

何歳から受けられますか?

二重まぶたの埋没法であれば低年齢化が進んでいるのが事実です。
幼稚園でアイプチをして二重にしている方もいます。基本的には本人の意思が一番大切ですが、ご両親と相談させていただく必要があります。
ご希望の施術内容により何歳から可能か、年齢制限は異なってきます。

未成年の場合同意書が必要ですか?

未成年の方のは同意書が必ず必要です。
成人の方であれば、自分の意思で美容整形を受けて頂けますが、未成年の場合は保護者の方の同意が必要です。

学割で受けられますか?

一部のクリニックでは学割を行っているところもあるようです。
ガーデンクリニックでは学割は行っていませんが、学生の方も割引価格で整形を受けていただけるモニター募集を行っています。
割引の率が異なりますのでお問い合わせください。

偽名で受けられますか?

偽名で手術を受けることは、出来ません。
偽名で美容整形手術を受けたことが社会問題にもなったように、社会通念上認めらない、モラルに反した治療は行っておりません。

整形するタイミングはいつが良い?

タイミングは慎重に考えていただく必要があります。
大事なイベント、例えば自分の結婚式が1週間後にあるという場合は、避けるべきです。
ほとんどの整形手術はダウンタイムが必要になります。
この期間に大事なイベントと重ならないようにご検討ください。

年をとるとくずれてしまいますか?

美容整形の技術は、他の医療分野同様、日々進歩しています。
年をとるとくずれてしまう心配をされる方がいますが、最新の美容医療ではそのような心配はありません。
ただし、加齢とともに自然に出来るシワやたるみは何もしなければ、目立つようになってしまいます。
エイジングケアといわれる施術をしていない方のほうが、年をとると老化の影響を受けやすくなります。

ピアス穴あけには対応していますか?

はい、行っております。耳に開けるピアスだけでなく、おへそに開けるボディピアスや、他部位も可能です。

医療費控除の対象ですか?

美容外科クリニックで受ける美容整形治療は医療費控除の対象になりません。

診療項目から探す