診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

手作業による
丁寧な脂肪吸引
シリンジ法

シリンジ法

痛み・腫れを抑えた方法をお求めの方に

シリンジ法による脂肪吸引は医師が手作業で行う方法で、時間をかけて数ccずつ脂肪細胞を取り除いていく精密な吸引法です。
機械で行う方法のように無理に吸引をしないため、皮下組織や血管への侵襲を抑え、手術後の皮下出血、痛み、腫れが軽減でき、一度に全身の施術ができる方法です。
また、出血もほとんどなく貧血になる心配もほぼありませんので、翌日からデスクワークに復帰できます。

特徴

  • 身体への負担を軽減できる
  • 入院の必要がない
  • 手作業なので取りムラ、取り残しがほとんどない
  • 皮下出血、腫れのリスクを低減
  • ボディラインの微調整が可能

麻酔液で脂肪をやわらかくし、分解させながら吸引します。手作業なので余分な脂肪だけを的確に捉えます。

脂肪層には神経血管が少ないので、脂肪層のみを的確に吸引できれば血管や神経、筋肉へのダメージを最小限に抑えられます。

主なリスク・副作用

脂肪吸引後は、以下のような症状が見られる可能性があります。

●むくみ 1週間程度
●腫れ 3日程度
●痛み 術後2、3日をピークに、1週間ほど筋肉痛のような痛み
●内出血 2週間程度
●つっぱり感 術後約1週間~3ヵ月程度

稀に、吸引部位において炎症や感染などが見られることがあります。腫れや熱感、赤み、痛みが長引く場合は、直ちにクリニックへご相談ください。