美容整形・美容外科

美容皮膚科

歯科治療

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

【エイジングケア】ドクターコラム

婦人科形成(女性器形成)とは?
小陰唇・膣縮小など陰部の治療法

当院では、女性器の大きさや形、ニオイ・黒ずみなど、さまざまなお悩みを解消できるよう、施術メニューを揃えております。

婦人科形成(女性器形成)とは?

婦人科形成(女性器形成)とは

日本では、デリケートゾーンに対する偏見がまだまだ強く、誰にも相談できずに一人でお悩みを抱えている女性が沢山います。

婦人科形成(女性器形成)とは、女性器の見た目や内部のお悩みを改善してコンプレックスを解消し、充実した日々を過ごすための治療のことを指します。

ガーデンクリニックの婦人科形成 施術一覧

当院では、全ての婦人科形成術において傷跡を目立たせず、身体への負担を最小限に留められるよう考慮して行っております。また、局所麻酔や眠る静脈麻酔の併用によって、施術時の痛みの心配もありません。

この章では、当院で取り扱う婦人科形成の治療内容について、具体的にご紹介致します。

小陰唇縮小

小陰唇縮小

小陰唇とは、尿道口と膣口の両側にあるビラビラとしたヒダのことです。

小陰唇縮小術では、小陰唇の大きさや黒ずみを切開・縫合してお悩みを改善します。

極細糸で縫合するため傷跡が目立たず、出血を抑えながら施術することで術後に腫れないよう仕上げていきます。

副皮切除

副皮切除

副皮とは、小陰唇の前方にクリトリス包皮に連続するようにある皮の余りのことです。

重度の場合はヒダのようになっているので、切開・縫合によって形を整えます。

溶ける糸で縫合するため、傷跡が目立ちません。

クリトリス包茎(陰核包皮切除)

クリトリス包茎(陰核包皮切除)

クリトリス(陰核)とは小陰唇の前部にある小さな突起のことで、本来は成長とともに露出していきます。手でクリトリスを覆う包皮をめくれば剥ける方は仮性、剥けない方は真性のクリトリス包茎です。

クリトリス包茎を放置してしまうと汚れが溜まり、細菌感染やニオイの原因となる可能性があります。陰核包皮切除では余っている包皮を切除し、程よく露出させてから極細糸で縫合します。手術跡もほとんど残りません。

大陰唇肥大・縮小術

大陰唇は、女性器のIラインに位置するふっくらとした皮膚の膨らみです。

脂肪吸引で大陰唇の肥大を改善したり、脂肪注入で痩せてしまった大陰唇をふっくらと改善させたりすることができます。

大陰唇肥大手術

大陰唇肥大手術

加齢や妊娠・出産によって大陰唇が痩せたり、シワやたるみができたりする場合があります。また、大陰唇が痩せると小陰唇がはみ出てしまう原因にもなり得ます。

大陰唇肥大手術では「脂肪注入」または「ヒアルロン酸注入」によって、大陰唇をふっくらとした理想的なボリュームに整えることが可能です。ヒアルロン酸は将来的に体内に吸収されてしまいますが、脂肪注入なら半永久的に効果を持続できます。

大陰唇縮小手術

大陰唇縮小手術

脂肪が多く大陰唇がこんもりとしている場合は、脂肪吸引によって大きさを縮小して形を整えます。目立ちづらい場所から吸引管を差し入れるため、傷跡はほぼわかりません。

デリケートゾーンの黒ずみ除去

デリケートゾーンの黒ずみ除去

小陰唇や大陰唇の黒ずみは、デリケートゾーンに特化した「インティマレーザー」を照射することで改善できます。

切開・縫合の必要がないため、ダウンタイムも短く傷跡も残りません。

膣縮小

出産や加齢など、さまざまな原因で膣口や膣壁がゆるんでしまう場合があります。

当院の婦人科形成では、筋肉同士を縫い合わせる「膣縮小手術」とメスを使わない「インティマレーザー」による膣縮小術をご用意しています。

膣縮小手術

膣縮小手術

膣縮小手術では膣口と奥にかけての筋肉を縫い寄せて、ヒダを形成しながら膣のゆるみを改善します。膣の入口を切開し、粘膜の層と筋肉の層を剥がして縫い合わせるため、外科的な手術を伴います。

インティマレーザーによる膣縮小

インティマレーザーによる膣縮小

デリケートゾーンに特化した「インティマレーザー」は、膣内にアプリケーターを挿入してレーザー治療を行います。切開・縫合、麻酔などは不要で、ダウンタイムも約3日程度と低侵襲な治療法です。

膣粘膜の組織が活性化されるため、粘膜およびコラーゲンの再生・新生・増生を促進し、収縮とエイジングケアも見込めます。

処女膜の再生・喪失

処女膜とは、膣口を塞ぐ膜のことです。膜は全て塞ぐように閉じているわけではなく、一部に穴が開いています。当院では破れている処女膜を再生したり、反対に処女膜を喪失させたりする施術もご用意しています。

処女膜再生手術

処女膜再生手術

処女膜再生手術では、切れたり破れたりした処女膜の再形成が可能です。

処女膜が残っている場合は細い糸でヒダを縫い寄せて再生し、全て無くなっている場合は膣粘膜で形成して再生します。

糸でヒダを軽く縫い合わせて、性交渉した際に切れて出血させることも可能です。

破れ方や無くなり方には個人差があるため、状態やご希望に合わせて再生致します。

処女膜喪失手術

処女膜喪失手術

処女膜喪失手術では、処女膜の切開または除去が可能です。

性交しようとしても処女膜が発達しているために、疼痛が強すぎて性交できない方もいらっしゃいます。あらかじめ処女膜喪失手術を行うと、痛みの緩和に繋がります。

施術は電気メスで切除し、丁寧に止血をした後に縫合して喪失させます。

どの程度切除したいかなどは患者様に合わせて調整が可能です。

デリケートゾーンのニオイ(すそが)治療

デリケートゾーンにもアポクリン汗腺が存在します。アポクリン汗腺から分泌された汗が、皮膚や陰毛の常在菌によって分解されることで独特のニオイを発します。

陰部からワキガと同様のニオイがすることを「すそが」「すそワキガ」といいます。

ワキの下と違って治療困難な部位ですが、当院では「ビューホット」という高周波の極細針付きカートリッジで治療可能です。

当院では、以下4種類のすそが治療をご用意しています。

  • ボトックス法:ボトックス注射で発汗を抑える
  • 切開手術:目視でアポクリン腺を除去する
  • 電気凝固法:電流を流してアポクリン腺を凝固・焼却する
  • ビューホット:高周波の極細針付きカートリッジで

上記の中でも、すそが・ワキガ治療機器「ビューホット」による切らないすそが治療がおすすめです。

陰部全体を升目状にマーキング

局所麻酔をした後冷却ジェルを塗布

マークに沿って漏れなくビューホットを照射

赤い照射痕は約1ヶ月で綺麗になくなります

尿漏れ治療

尿漏れ治療

女性は妊娠・出産、加齢にともなう骨盤底筋群のゆるみによって、尿漏れのお悩みを抱える方も少なくありません。また、20代など若い方でもお腹に力が加わると、意図せず尿が漏れてしまうことがあります。

当院では、膣縮小術でも用いられる「インティマレーザー」による尿漏れ治療が可能です。

レーザーを膣内に照射するだけで膣壁と同時に尿道口も引き締まるため、ダウンタイムはほぼなく尿漏れを改善できます。

女性医師による婦人科診療・カウンセリング

女性医師による婦人科診療・カウンセリング

ガーデンクリニックの婦人科形成治療では、ご希望に応じて女性医師によるカウンセリング・施術が可能です。「女性器の悩みを男性医師に打ち明けづらい……」という方でも、安心してご相談いただけます。

婦人科形成のカウンセリングご予約時に、女性医師希望の旨をお気軽にお申し出ください。

診察の流れは以下にて詳しくご紹介しております。ぜひ併せてご参照くださいませ。

エイジングケア 新着ドクターコラム

関連診療項目

診療項目別 ドクターコラム

お顔

ボディ

その他

ガーデンクリニック理事長
大庭英信
HIDENOBU OBA

略歴

1994年
東京慈恵会医科大学 卒業
1995年
某美容外科 入局
1997年
帝京大学溝の口病院 麻酔科勤務
東京慈恵会医科大学解剖学教室にて臨床解剖研究
1998年
某大手美容外科クリニック 院長就任
2013年
ガーデンクリニック 開院

所属学会・資格

日本美容外科学会正会員