診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

【豊胸】ドクターコラム

豊胸手術後、
胸の谷間が
離れてしまった

胸の谷間が離れるとは

谷間が離れる

美しい谷間を作るということは、豊胸を行う美容外科医にとって永遠のテーマでもあります。左右の胸の距離は人によって様々であり、元々離れたバストの方に美しい谷間を作るにはかなりの技術が必要です。

また、全体のバランスを考えながらデザインを行うため、無理に谷間を作ると乳頭が外を向いてしまったり、逆に不自然になってしまったりすることもあります。

シリコンバッグで谷間が離れる

カプセル拘縮

シリコンバッグによる豊胸を行うと、約10%の確率でカプセル拘縮が起こってしまうと言われています。カプセル拘縮とは、挿入したシリコンバッグの周りに被膜と呼ばれる線維性のカプセルが形成され、その被膜が徐々に固さや厚みを持つことで、バッグを変形させてしまうトラブルです。カプセル拘縮が起きるとバストがテニスボールのような固さになり、球状に胸が盛り上がります。こうして谷間も離れていき、不自然な形になってしまうのです。

2カップ以上のサイズアップを希望される方には、シリコンバッグをおすすめしています。しかし、シリコンバッグには元々形状があるため、谷間のない方に谷間を作ったり、微妙な左右差や乳頭の向きなどのお悩みで繊細なデザインを施したりするご要望に対しては、脂肪注入が適応かもしれません。

きれいな形にするために

カウンセリング

脂肪注入法は1.5~2カップくらいまでのサイズアップが見込め、丁寧な施術によってこだわりのバストに近付けることが可能です。また、術前のカウンセリングにて、患者様がどのようなバストを希望されているかを教えていただくことで、医学的・美容的に判断し、患者様それぞれに合った施術をご提案できます。

豊胸術を行うクリニック・医師選びもまず重要なことですが、カウンセリング時にしっかりとご要望をお伝えいただくことも、きれいな谷間に仕上げる上で大切な事項です。

豊胸 新着ドクターコラム

関連診療項目

診療項目別 ドクターコラム

お顔

ボディ

その他