美容整形・美容外科

美容皮膚科

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

tel
お電話

plus
ご予約

menu
メニュー

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

閉じる

無料カウンセリング 無料メール相談 モニター予約

tel-icon 0800-813-9290

受付時間

無料カウンセリング メール相談 Garden Clinic LINE

脂肪の注入による
豊胸余分な分はバストへ

脂肪注入による豊胸

脂肪の注入による豊胸とは

ご自身の脂肪

美しいボディラインを作りたいと考えている方、また授乳後や加齢によるバストのたるみ(下垂)などの修正を考えている方、バストの左右差のお悩みを抱えている方など、全体的に均整の取れたスタイルを希望される方におすすめなのが、太ももやお尻などのサイズダウンしたい部分の脂肪を吸引し、バストに注入することでボディライン全体を整えながらバストアップを可能にする方法です。

「胸は大きくしたいけど、異物を体内に入れるのはどうしても抵抗がある」という方にもおすすめです。

ガーデンクリニックでは、医師が美しく見えるバストラインをデザインし、わずか数cc単位で注入していきます。ご自身の細胞ですから、もちろんアレルギーや副作用の心配もありません。

こんな方にオススメ

女性

  • バストの形をキレイにしたい
  • 授乳後しぼんでしまったバストをふっくらさせたい
  • 自然にバストアップしたい
  • リアルな感触や見た目が欲しい
  • 異物を入れることには抵抗がある
  • 周囲にバレたくない

実際に脂肪注入した方にインタビューしてみました

脂肪注入豊胸の特徴

手触りや温度が自然

脂肪注入豊胸はあなた自身の脂肪を注入するため、非常に自然な手触りと温度です。

仰向けになっても横になっても、自然な胸のように流れます。

特に当院の場合は医師が細かくデザインをしながら、細かく広範囲に分けて注入するため、非上に美しい形に仕上がることも特徴です。

効果が半永久的

脂肪注入豊胸は、一度脂肪が生着してしまえば、その効果は半永久的です。

シリコンバッグ豊胸などと異なり、特別なメンテナンスや繰り返し注入することも不要。

当院ではより生着しやすい健全な脂肪を取り出す方法も各種ご用意しております。

あなた自身の脂肪を注入するため、副作用やアレルギーの心配もほとんどありません。

気になる箇所の部分痩せも可能

注入する脂肪は、気になるヒップや太腿から採取します。

つまり、バストアップと同時に部分痩せも叶えられる、一石二鳥の方法なのです。

極細カニューラで丁寧に吸引

出来る限り多く定着させるためには、採取方法が重要なポイントになります。ガーデンクリニックでは、手作業で丁寧に採取する吸引法「シリンジ法」で行います。

シリンジ

従来の吸引法では約3~6mm程の太いカニューレを使用していたために、吸引する必要のない脂肪間結合組織も同時に吸引していました。

生着率をアップさせるためには細胞を破壊せずに、脂肪間結合組織を排除しながら吸引する必要があったことから、極細カニューレを用いることで、細胞を壊さずに吸引することを可能にしています。

定着率

注入する脂肪は血管と連結することで栄養が行き渡り、体内に長期的に生着します。従って、いかに細かく広範囲に入れていくかが、生着率を上げてしこりを作らないポイントになります。

血行と馴染まない限りは定着していかないため、多量に注入して大きなバストアップを行ってしまうと、定着できずに残ってしまったものが、しこりや石灰化の原因となる場合があります。定着する量には限界があることから、大きくサイズアップを希望される方には向きません。

ダウンタイムについて

吸引した部位に多少の腫れがあり、筋肉痛程度の痛みが数日残りますが、翌日からお仕事に復帰できる程度です。

種類

ガーデンクリニックでは、3つの方法も取り入れております。

ピュアグラフト豊胸

特殊なフィルターに通して不純物を取り除き、純度の高い脂肪を精製します。細胞の劣化を抑えることが可能です。

プレミアム豊胸

専用の注入器を用いて細かく入れていきます。より生着率を高められ、しこりの発生を予防。自然な形に仕上がります。

コンデンスリッチ豊胸

遠心分離器にかけて濃縮させ、無菌状態のまま注入する方法です。石灰化や壊死といったリスクを軽減し、ふっくらと柔らかいバストを作ります。

柴田先生 柴田先生が脂肪注入による豊胸についてのお悩みにお答えします

  • 脂肪注入豊胸にはどんなデメリットがありますか?

    脂肪注入豊胸のデメリットは下記の通りです。 ・稀にしこりができる 医師の技術不足や、良質でない脂肪を注入してしまった場合、壊死した脂肪細胞がしこりになってしまうリスクがあります。 これを回避するために、当院では注入する量に制限を設け、細かく、広範囲に脂肪を注入しています。 また、先述したピュアグラフト豊胸やコンデンスリッチ豊胸をおすすめするのも、しこりのできにくい良質で健全な脂肪を加工するためです。 ・生着しなかった脂肪は体内に吸収されてします シリコンバッグ豊胸とは異なり、脂肪注入豊胸の場合は、注入した分の全てが生着するわけではありません。 どの程度生着できるかは脂肪の状態や、個人差にもよりますので、一概に何%と言うのは難しいです。 しかし、当院がおすすめするコンデンスリッチ豊胸の場合は、生着率が80%にもなるという数値が出ているため、 できるだけ多くの脂肪を生着させたい場合はコンデンスリッチ豊胸を検討してみると良いでしょう。 ・ダウンタイムがある 脂肪注入をする場合、まずは脂肪吸引をしなければいけません。 脂肪吸引と脂肪注入した部分の朗報にダウンタイムが存在し、腫れ・痛み・むくみ、内出血などの症状が現れます。 また、カニューレを挿入する際の数ミリの傷跡が残りますが、こちらは徐々に薄くなり目立たなくなります。

  • しこりができると聞いて心配なのですが……?

    脂肪がしこりに変わってしまう場合は、医師の技術力不足か、良質な脂肪を注入していないケースが考えられます。 当院では、採取した脂肪を良質なものへと加工し、高度な技術力の医師が広範囲にデザインしながら注入していきます。 このため、非常にしこりができにくい施術となっております。

  • 脂肪注入豊胸を行った後、マンモグラフィを受けることは可能ですか?

    可能です。 脂肪が完全に定着し、術後のダウンタイムを経た6か月後を目安に受けていただくと、より安全だといえます。