診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

デリケートゾーンの
エイジングケア
会陰部贅皮切除術

会陰部贅皮切除術

会陰部贅皮切除術とは

妊娠・出産や、激痩せが原因で 主に大陰唇の皮膚が伸びて余っている状態を会陰部贅皮と言います。
経膣分娩をすると、出産時に会陰部の皮膚は強く引き伸ばされます。大陰唇、小陰唇ともに引き伸ばされますので、たるみは両方に出来ます。この大陰唇のたるみを切除する手術が、会陰部贅皮切除術です。

また、小陰唇は小陰唇縮小術で改善できます。

小陰唇縮小手術

こんな方にオススメ!

  • 大陰唇が伸びてしまった方
  • 大陰唇がシワシワになった方
  • 激痩せして皮膚が余った方

主に大陰唇の部分がシワシワになって伸びている方におすすめの施術です。余った皮膚のところは同時に色素沈着で黒ずんでいますので、切除することで見た目が改善されます。
重症な方だと、大陰唇が陰嚢の皮膚のように茶色くシワシワしてたるんでいます。激痩せしてしまった方にも多いですが、このような状態を根本から改善できる方法です。

特徴

患者様の状態によっては、脂肪の注入で大陰唇を膨らませることでたるみを改善した方が良い場合もあります。
当院の会陰部贅皮切除術の特長は、このように、脂肪の注入も組み合わせることができる点にあります。

当院では医師がしっかりと適用を見極めて、外陰部のエイジングケアに取り組んでいます。

手術の流れ

カウンセリング

カウンセラーによるカウンセリングの後、医師がカウンセリングをして、どのようなタイプの贅皮なのかを見極めます。単純に切除しただけで綺麗になるのか、脂肪注入も加えた方が良いのか、小陰唇縮小なども加えた方が良いのか。人それぞれ外陰部の老化の程度が異なりますし、たるみの原因も異なりますのでまず診察が大切になります。

静脈麻酔

手術は、静脈麻酔により眠った状態で受けていただくことが可能です。施術時間は45分程度で、溶ける糸で縫いますので抜糸は不要です。

ご帰宅まで

休憩室で休んでいただいてから帰宅可能になります。早い方で20~30分の休憩で帰宅できます。