診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

今月の特集

今年も気付けば年の瀬になりました。

新しい年を迎える時は、自然と気持ちもフレッシュになるものです。

しかしそんな時、これまで抱えてきたお悩みがあると、なかなか前向きな心持ちにはなれませんよね。

悩み続けたコンプレックスを、2019年とともに年忘れしませんか。

美しいボディラインへ

食欲の秋を過ぎ、年末年始へと向かう12月。

気になるお肉が増えてきた…、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ダイエットをしたくても、クリスマスや忘年会などで思うようにいかないこともあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、脂肪吸引です。

膨張と収縮によって体型を左右する脂肪細胞を除去し、リバウンドしにくいボディラインを作ります。

身体へのダメージを抑えた手作業のシリンジ法を採用することで、術後のダウンタイムも軽減できます。

また、この寒い時期だからこそ、脂肪吸引をおすすめしたい理由があります。

術後は専用のストッキングやボレロ等で圧迫をしていただく必要がありますが、長袖や長い丈のボトムスで圧迫下着を隠すことが可能です。

ストッキングならば、見えてもファッションの一部になり、不自然ではありません。

部位や吸引量にもよりますが、通常1〜3ヵ月間は圧迫固定を続けていただき、早い方で3ヵ月後に完成の状態となります。

寒い時期の間に圧迫固定が終われば、きっと春からは心も身体も開放的になりますよ。

魅惑の豊胸

寒くなると着る機会が増えるニット。

露出自体は少なくても、実はボディラインが分かりやすい服装です。

コンプレックスを目立たせないために、“自然な豊胸”、してみませんか。

豊胸術には、大きく分けて3種類の方法があります。

「脂肪注入法」「シリコンバッグ挿入法」「ヒアルロン酸注入法」です。

脂肪注入やヒアルロン酸注入法は、自己組織や柔らかな製剤を使用するため、触り心地も柔らかく、見た目にも自然に仕上がります。

一方のシリコンバッグは、「バレやすい」「硬そう」というイメージがあるかもしれません。

しかし、当院で扱うモティバというバッグは、多様なサイズ展開があり、マシュマロのような柔らかさが特徴です。

挿入時や挿入後において身体の抵抗を軽減できる表面性状をしているため、カプセル拘縮やリップリングのリスクを低減できます。

患者様のお身体の状態やご希望によって、適応の豊胸術は異なります。

ぜひ一度ご相談にお越しください。

デリケートゾーンのお悩みに

年末にかけてのこのタイミングは、お泊まりや夜更かしが多くなりがち。

パートナーとの大切な時間やご友人との楽しい時間は、ニオイや黒ずみ、膣の緩みなどに気を取られたくないですよね。

また、寒いからと言って油断大敵なのがニオイのお悩み。

暖かい衣服や室内で過ごしていると、身体はじんわりと汗を掻きます。

熱やニオイがこもりやすい冬服は、ムレやニオイを増幅。

いざという時にニオイを感じ取られてしまうことも充分にあり得ます。

そのようなデリケートなお悩みは、ぜひ当院へご相談ください。

上記のお悩み以外に、女性器整形、尿漏れ治療、処女膜再生・喪失なども承っております。

ダウンタイムを抑えた治療や傷跡が分かりにくい治療など、症状とご希望に応じた施術をご提案いたしますので、まずはお気兼ねなくカウンセリングへお越しください。

なお、ご希望に応じて女性医師による施術とさせていただくこともできます。

美容外科施術が世間に浸透してきた今でも、美容外科クリニックへ足を運ぶことに抵抗のある方は多いと思います。

改善したい、話を聞いてみたいと思っても、なかなか一人では相談しに行きづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。

誰かと悩みを共有したり、解決策を知ったりするだけでも、人は前向きになれるものです。ご来院いただく際は、お一人でなくても構いません。

ぜひ、同じお悩みを持ったご家族やパートナー、お友達とご一緒にご来院ください。