診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

ナチュラルメイクが
映える目元に
アートメイクの
除去

アートメイクの除去

アートメイクの除去とは

日常のメイクの手間が省ける観点から、アートメイクを入れる方がいらっしゃいます。タトゥーと違って、皮膚の浅い層に色素を入れるため、時間の経過とともに薄く消えていってしまいます。

当院では、メイクスタイルを変えたい方や、以前に入れたアートメイクを除去して表情の印象を変えたいといった方を対象に除去を行っております。

アートメイクとは

色素を皮膚に入れるという観点からはタトゥーと同じです。しかし、タトゥーは色素を真皮の深層まで到達させるので、一生消えることはありません。一方、アートメイクの場合は表皮に入れるため、次第に薄くなるのが特徴と言われています。

表皮の部分は新陳代謝により、2週間に1回入れ替わっています。つまり、色素を表皮だけに入れたのでは2週間で消えてしまうことになります。したがって、アートメイクは表皮に入れているとは言うものの、表皮の深層から真皮の表面にかけて色素が入っているものと考えます。

それでも、真皮の深くに入れている訳ではないので、数年かけて薄くなっていきます。眉やアイライン、口紅を引く手間を省くため、気軽に施術を受ける方もいらっしゃいますが、アートメイクは、医師が行わなければ医師法違反になります。

違法業者に施術されてしまったのか、まさしく刺青のように何年も濃いままで残ってしまったアートメイクに悩まれて、当院を受診される患者様もいます。

除去法

茶色や黒系のアートメイクに関してはレーザーで除去可能です。もみあげ等の特殊場部位のアートメイクは、切除をする場合もあります。なお、レーザー除去をした個所に生えている毛に関しては、全てではありませんが、脱毛してしまいます。

また、アイラインなど、眼の際はレーザーが難しいことがあり、睫毛(まつげ)にもダメージを与えてしまうことがありますので、丁寧に切除して取る方法もあります。どのくらい除去できるかは、実際に診察をしないと分からない部分がありますので、カウンセリングに来ていただければと思います。