診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

お一人お一人に合う
メリハリのある表情へ
鼻プロテーゼ

鼻プロテーゼ

症例写真

プロテーゼ法とは

鼻根部が低いお悩みの方へ、お一人お一人の形状に合わせた美しい鼻筋を形成する施術です。

左右どちらか片側の鼻の穴の中に入り口を作り、挿入していきます。
したがって傷は鼻の穴の中に出来るため、周囲の方にもご自分にもわかりません。

I型とL型どちらが適応?

ご希望のラインや状態に合わせてI型とL型があります。
I型はまっすぐに伸びた形、L型は鼻先で曲がる形です。
I型とL型とどちらも一般的に使われているため、どちらがいいなどと優劣があるわけではありません。
クリニックや医師により使い慣れている型が異なっているのが現状だと言われています。
ガーデンクリニックでは患者様の状態やご希望に合わせてI型とL型を使い分けております。

メリットとデメリット

メリット L型に比べて形成、挿入が行いやすい。 L型の曲がった部分が鼻中隔に挿入されるため、滑り落ちるようなズレが起こりにくい。限界はあるが、鼻先を強調しやすい。
デメリット 挿入したスペースが広すぎると滑り落ちるように飛び出す可能性が稀にある。
鼻先のラインを整えるためには耳介軟骨移植を併用しなければ強調しづらい。
鼻先に負担がかかりやすいものの、形状を薄くすることで負担を低減できる。

施術の流れ

1. カウンセリング

施術に関して、カウンセリングを行います。
ご希望の高さや術式に関してお伝えください。

2. 麻酔

手術は通常局所麻酔で行いますが、眠った状態での静脈麻酔も可能です。
カウンセリングの際にご相談ください。

3. 手術

麻酔を行った後、挿入していきます。
手術時間の目安は、15~30分です。

4. 術後

手術当日は、出来るだけ安静を保ち、早めにお休みください。
飲酒により腫れと内出血が強くなる場合がありますので、お控えください。
手術翌日からメイクや洗顔は可能です。
手術後の腫れは、目と目の間に現れます。
手術後の腫れは鼻先はほとんど気にならない範囲です。
目と目の間の腫れは3日でかなりひき、7日後にはほとんどわからなくなります。

失敗しないポイント

他院で手術を行ったけど、想像していた仕上がりと違った、やり直したいといったご希望や挿入した人工軟骨がぐらぐら動く、鼻先の皮膚が薄くなってきたといったお悩みで来院される方も少なからずいらっしゃいます。

担当医と仕上がりイメージを共有する

鼻は顔の真ん中にあるため、少しの変化でも目立ちます。このため、失敗しないようにするには、患者様のご希望がどんなものか、どういった手術の方法が適応か、まずはカウンセリングの時点で担当医と理想とするイメージを共有することが重要です。

オーダーメイド

ガーデンクリニックでは既製のまま挿入するのではなく、患者様の鼻の形に合わせて一つ一つ作成するオーダーメイドで挿入します。

オーダーメイドの場合は患者様の鼻の骨や軟骨に合わせて作成するため、術後にぐらぐら動いたりすることもありません。
また皮膚、皮下組織の状態も考慮して作成するため、鼻先が薄く白くなる心配もありません。

ダウンタイム・腫れについて

術後ある程度の腫れと内出血が予想されますので、術後当日は飲酒や過度な運動はお控えください。

術後の痛みや腫れ

腫れについては1週間ほど、内出血に関しては10日ほどで消退していきます。
手術後は腫れ、内出血予防にテーピングを3日間行っていただきますが、翌日から洗髪やシャワー浴はしていただいてかまいません。

日常生活への復帰

傷口は鼻の中にあるため、外見上はほとんどわかりません。抜糸は術後1週間ほどで行います。

入れ替えについて

「他院で挿入したけど、やっぱりもう少し高くしたくなってきた」「ぐらぐら動く」「I字からL字に入れ替えしたい」などのご希望がある方のために、当院では入れ替えを行っています。

入れ替えは必要?

プロテーゼを抜去し同時に新しく挿入することがほとんどですが、本体が曲がっていたり、感染していたり、あるいは鼻先の皮膚が薄くなっていたりする場合は抜去してから数ヵ月落ち着くのを待って新しく挿入することがありますので、一度ご相談ください。

入れ替え時の痛みやダウンタイム

術後ある程度の腫れと内出血が予想されますので、術後当日は飲酒や過度な運動はお控えください。
腫れについては1週間ほど、内出血に関しては10日ほどで消退していきます。
手術後腫れ、内出血予防にテーピングを3日間行っていただきますが、翌日から洗髪やシャワー浴はしていただいてかまいません。

傷口は鼻の中にあるため、外見上はほとんどわからず、抜糸も1週間ほどで行います。

抜去する場合とは

「鼻を高くしたくて入れたけど想像と違った」「入れているのが不安になってきた」など手術後に抜去を希望される患者様もいます。

挿入時の切開部から抜去するだけなので、術後の腫れや内出血も軽度で済みます。

まずは、抜去したいことをカウンセリングでご相談ください。