診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

自己組織で自然にほっそりと 鼻尖形成

鼻尖形成

鼻尖形成とは

鼻先を高くしたいという希望は大変多いです。
また、団子鼻も改善してスマートな鼻先にしたいという方も多くいらっしゃいます。
そのような希望を叶える手術には2種類のやり方があります。

鼻の軟骨を縫い寄せる

1つは、鼻の軟骨を縫い寄せる方法です。
アジア系の人種は、鼻の軟骨が外側に平たく広がっている傾向にあります。
そして、鼻先は肉厚の傾向にあります。そこで、鼻先の肉を少なくして、軟骨を鼻先に向けて引き上げる手術をすることでスマートな鼻先を形成できます。

耳介軟骨移植

さらに、高さを出したい時や、鼻柱部分を前方に出したいとき等は2つ目の方法である耳介軟骨移植によって、耳の軟骨を鼻に移植します。
場合によっては、耳介軟骨移植をシリコンプロテーゼ挿入に組み合わせたり、単独で行ったりする場合もあります。

耳介軟骨移植の特徴

耳介軟骨は耳のへりや、耳の穴のわきから採取します。
耳の後ろや折り返しの影になるところから採取しますので傷跡はほとんど分かりません。
採取した軟骨は加工して重ねあわせる事で高さを出すことができます。
肋骨などの軟骨と違い、やわらかいため、鼻の薄い皮膚にもなじみやすく、自然に高さを出すことができます。

このような方にオススメ

  • 鼻の皮膚が肉厚な団子鼻の方
  • 鼻先が低い方
  • 鼻の穴が横に長い事に悩んでいる方

L型のシリコンプロテーゼで鼻先に高さを出すこともできますが、さらに鼻先を高くしたい方の場合は、プロテーゼに軟骨を足すことで高くすることが可能になります。

失敗しない施術とは

まずどのような手術が適しているのかを判断することから始まります。
鼻先だけではなく、鼻筋や小鼻、鼻柱とのバランス、ひいては、顔全体に対する鼻のバランスを考慮した上で適応となる施術法を選択することが大切になってきます。
ガーデンクリニックでは、医師がしっかりと診察させていただき、失敗のない施術法をご提案しています。

失敗例

シリコンプロテーゼ挿入等の手術を以前に行ったことのある方と、未施術の方では、少し鼻の軟骨の様子が違います。
皮膚の下が硬く、繊維質のこともあります。
極稀にこのような方に施術を行って、左右差や曲がりが生じるということも報告されていますが、通常、時間の経過とともにまっすぐに戻ってきます。

失敗しないためのポイント

この手術で、失敗しないために一番大切なことは、執刀する医師と患者様が手術後の仕上がりのイメージをきちんと共有することだと思います。
医師の診察とカウンセリング時に、しっかりと希望をお伝えください。
場合によっては、理想とする写真などをお持ちの方は医師に見せていただければと思います。
どのような鼻先にしたら良いのかはっきりと分からないという方もいらっしゃいますが、そのような場合は、医学的に見て無理がなく、効果も高く、顔に似合った鼻の形をご提案します。

当院が選ばれている理由

人それぞれ違う形の鼻に対応するためには、経験とセンスが要求されます。
ガーデンクリニックでは、まず親身になって患者様のお話やご希望を伺います。
その上で、丁寧にカウンセリングをし、患者様に納得していただいた上で手術を受けていただきます。
また、手術は静脈麻酔という麻酔を用いると、寝ている間に手術を受けていただくことができます。
もちろん、日帰りで施術いたします。

ダウンタイム・腫れ

ダウンタイムは、1週間位を考えていただければと思います。
それほど強い腫れを起こすことはありませんが、最低でも手術後3日間の圧迫固定が必要です。
場合によっては、1週間程、鼻用のギプスで固定を継続します。
鼻の中を切開しますので、外に傷が見えることはありません。
傷口は、糸で縫っていますので、抜糸が必要です。
手術後1週間から10日くらいで抜糸可能となります。
耳介軟骨をいただく際は、耳の後ろや、折り返しの隠れる箇所を切開して採取しますが、その場所はガーゼで固定します。
これは1週間で取り外し、耳の傷も1週間程で抜糸可能です。
抜糸する頃には、腫れも落ち着いています。
稀に内出血の青あざが少しだけ出ることがありますが、こちらは10日程で引いてきますので、その間コンシーラーなどのお化粧で隠していただくことになります。

術後の痛みや腫れ

手術後にどのくらい痛くなるのか、腫れるのか気にされると思います。
もちろん、内服薬の痛み止めをお渡ししますが、痛み止めを飲まずに済みましたという方も多いです。
手術の時の麻酔は2~3時間位で切れます。
麻酔が切れると傷が疼くようになりますが、痛み止めの内服薬を処方いたします。
腫れも別段起こるわけでなく、むくむ程度と考えていただければと思います。
最初の2~3日に、痛みと腫れが起こりますが、その後は時間とともに改善して、抜糸する頃には気にならなくなっている方が大半です。

日常生活への復帰

手術は、静脈麻酔で行い日帰りです。
激しい運動や、飲酒などは抜糸が終わるまでお勧めできませんが、通常の日常生活へはすぐに復帰できます。
しかし、鼻を固定している期間は、マスク等を利用して隠していただく必要があるかもしれません。
また、軟骨を採取した耳のところは、翌日から濡らしても大丈夫ですが、鼻に関しては、弾性テープやギプスで固定してありますので、濡らすことができません。
鼻に注意して、顔を洗っていただくか、顔は暖かいタオル等で拭くだけに留めていただくことになります。
洗髪する際も、鼻を濡らさないように注意してください。