診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

しっくりくる
ナチュラルさ
二重埋没法

二重埋没法

二重埋没法(ナチュラル法)とは

美容外科の施術の中で一番希望が多く、綺麗な二重まぶたを作るポピュラーな手術です。

切らずに自然な形成

ガーデンクリニックでは、「ナチュラル法」により、切らずに自然に仕上げることが可能です。痛みや腫れが少なく、手術も約10分で終わるため、多くの美容整形クリニックで行われています。

症例写真

構造の種類

施術は約10分で終了する手術ですが、変化の分かりやすい方法です。

1.奥二重

二重まぶたの幅は狭くなりますが、まぶたのかぶりが少なくなるため、特に黒目の縦の長さは広く見えることになります。
目を大きくしたい方に特にお勧めです。

2.末広型

末広型は目尻に向かって二重まぶたの幅が広がっていきます。
蒙古ひだがある方は、通常末広型が適応になります。

3.並行型

目頭側から目尻まで一定の幅となります。
二重まぶたの幅が広いため派手なメイクをしやすいメリットがあります。

術式の種類

髪の毛より細い糸を使用して、美しく見えるラインで止めて形成します。
使用する糸の本数や糸を通す位置によって種類が異なります。

使用する本数による違い

一般的に、使用する糸の本数を増やせば強度が増すため取れにくくなりますが、術後の腫れはその分大きくなります。
反対に、糸の本数が少なければ腫れは小さく済みますが、その分取れやすくなります。腫れの大きさと取れにくさのバランスから、通常2本の糸を使用する方法が一般的です。

糸を通す場所による違い

糸を通す場所はまぶたの裏側の「瞼板」と「眼瞼拳筋」の2ヵ所で、それぞれ「瞼板法」「拳筋法」と言われています。

瞼板法のメリットとデメリット

瞼板は、施術を行うラインの裏側にある固い組織なので、まぶたに入る糸の長さが短くなり、取れにくいというメリットがあります。
また瞼板は眼球結膜に面した部分に位置し、瞼板側の糸の埋没の距離が長いと、糸が露出してしまう可能性がありました。
ガーデンクリニックでは瞼板も埋没する方法で行っているので糸が露出してしまう心配がありません。

拳筋法のメリットとデメリット

眼瞼拳筋は眼球結膜に直接面していないため、糸が露出する可能性がほとんどありません。
瞼板と比較すると眼瞼拳筋は筋肉組織で、柔らかい組織であることは想像できると思います。また、まぶたからの距離が遠くなるため入る糸の長さは長くなります。
このため、若干元に戻りやすいと言われています。また、眼瞼拳筋を糸が持続的に引っ張るためか、長期的に眼瞼下垂の可能性があると言われています。

平行型になるには

蒙古ひだが目立つ方

埋没法だけでは平行型の二重まぶたを作ることが難しい場合があります。

目頭側まで二重まぶたを形成したとしても、目頭に蒙古ひだが原因で隠れて見えなくなってしまいます。
この場合、目頭切開法を併用して蒙古ひだを除去する必要があります。

まぶたに厚みがある方

目尻までくっきりとラインが出ない場合があります。
この場合は、まぶたの脂肪の吸引を併用することで、ラインの癒着強度が上がり、取れにくくなり、ラインがくっきりと出来上がります。

幅の広い平行型を希望する方

幅を広げた時に眠く見えることがありますので、まぶたのたるみを取り除く全切開法が適応になります。

施術の流れ

1. カウンセリング

施術の方法、使用する糸の本数、留め方を始め、術後の経過、過ごし方などについて詳しくご説明致します。
実際に鏡を見ながら、ご希望のラインの確認も行います。

2. デザイン

ブジーと呼ばれる器具を使って仕上がりイメージを見ていただきながら、術前のデザインを行います。

3. 施術

表面麻酔の目薬を点眼した後、施術の開始です。
一番緊張する瞬間だとおっしゃる方が多いのですが、可能な限りリラックスして受けていただけるよう心掛けます。約10分で完了します。

4. まぶたを冷やす

腫れが少しでも早く引くよう、術後すぐからまぶたを冷やし始め、約30分ほどクリニックでお休みいただければ施術は終了です。

術後経過

1.施術当日

施術当日は帰宅後も保冷剤でまぶたを冷やしてください。
食事は通常通りで問題ありませんが、早めにお休みいただき、目を休ませるようにしてください。
施術後7日間は飲酒は控えて下さい。
腫れと痛みが出る場合があります。
テレビを見たり、読書をしたりして目を使用すると腫れが強くなる可能性があります。

2.施術後翌日

シャワー、洗顔、化粧が可能です。
まぶたはあまり強く洗わないように注意してください。

3.施術後3日まで

腫れのピークです。
この後急速に腫れは引き始め、アイメイクも可能になります。
コンタクトレンズは、当日から装着していただいて問題ありませんが、違和感が強い場合は3日目まではご使用を控えてください。

4.施術後1週間

個人差がありますが、腫れは目立たない程度になります。
腫れが落ち着けば入浴も可能になります。

5.施術後1ヶ月

腫れもほとんどなくなり、自然な状態になります。