診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

華やかな目元で魅せる 全切開法

全切開法

全切開法とは

印象的な二重に

二重の予定ラインに沿って切開をする方法です。現在は二重まぶたの手術といえば埋没法がスタンダードですが日本では埋没法より古くから行われてきた方法です。

埋没法の手術と比べてラインがしっかり出来るため劇的に変化することが可能です。よりぱっちりとした派手なイメージをご希望の場合はおすすめです。埋没法ではすぐに元に戻ってしまう方や幅の広い二重まぶたをご希望される方、まぶたの脂肪が厚い方が適応となります。

また、加齢により皮膚にたるみがある場合は、皮膚を切除することで二重まぶたを作ることが出来ます。

施術の流れ

1. カウンセリング

手術を行う前にご希望のラインを確認します。
イメージする芸能人の写真などをお持ちいただくと、参考にしてデザインが可能です。
ただし、イメージする芸能人とそのまま同じ仕上がりになるわけではありません。

2. デザイン

切開するラインをデザインします。
同時に皮膚を取り除く場合は、除去範囲の確認も行います。

3. 麻酔

まぶたの表面から局所麻酔を行います。
まぶたの裏側から麻酔を行う必要がないため痛みを抑えることができます。

4. 切開

デザインしたラインに沿って皮膚を取り除きます。
皮膚の他に余分な眼窩脂肪、眼輪筋も併せて切除します。
眼窩脂肪を取り除く場合、もう一度局所麻酔を行い、同時に止血も行っていきます。

5. 縫合

髪の毛より細い糸で丁寧に縫合して手術は終了です。
手術時間は片側約30分、両側で60分程度です。
終了後30~60分程度クリニックでお休みいただければそのままご帰宅が可能です。

術後経過

1. 手術当日

当日は安静にしていただく必要があります。目が疲れると腫れが引きにくくなります。
また、血圧が上がると内出血の原因にもなります。ご帰宅後も保冷剤などでまぶたを冷やしていただくと腫れを抑えることが可能です。

2. 手術後3日まで

手術後3日間は、まぶたが腫れて目を開けにくく感じることがあります。

3. 手術後1週間

5~7日で抜糸となります。
抜糸後はアイメイクも可能です。抜糸により腫れが急速に引いていきます。

4. 手術後2週間

内出血があった場合は2週間ほどで改善されます。

5. 手術後1ヵ月

腫れはほとんど目立たなくなりますが、細かい腫れが残る場合があります。
3~6ヵ月すると、切開したラインの赤みが消えていきます。