診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

再生医療を用いる プレミアム豊胸

プレミアム豊胸

プレミアム豊胸術とは

ガーデンクリニックでは、開院以来シリンジ法による脂肪の吸引を採用して参りました。
1cc単位での吸引量の調節・計測を行うことができるシリンジ法は、手術後の左右差や凸凹のない自然な仕上がりになります。
シリンジ法の最大のメリットは血管や神経に対する侵襲(与えるダメージ)を抑える点です。そのため、術後の腫れや内出血を軽減し、ダウンタイムを短縮します。


プレミアム豊胸ではそのシリンジ法に加え、アナロビックトランスファーと呼ばれる器具を使用します。 ほとんど空気に触れていない脂肪細胞を破壊せずに注入できるため、脂肪の生着率が高まり、効果が長持ちしやすい施術法です。
ほうれい線や目の周りのくぼみ、頬のくぼみなどを治療するエイジングケアとしても応用されています。

特に自然な仕上がりにこだわられる方に、このアナロビックトランスファーを使用する「シリンジ式脂肪の吸引+PRPによる豊胸術」をおすすめしております。

PRPによる豊胸術とは?

脂肪の生着率を高めるために血液の血漿、血小板成分を同時に注入するPRP(自己多血小板血漿注入療法)も併用します。

血小板には、止血作用や血管・細胞の修復、創傷治癒の促進などの働きがある”成長因子”が含まれています。このような働きを応用したのがPRPによる豊胸術です。
脂肪を注入すると同時に血漿、血小板を注入し、毛細血管の再生を促進すると、注入した脂肪細胞へ栄養が届きやすくなる結果、定着率を高められます。

脂肪の生着率を高めるために

脂肪の生着率を高めるために、ガーデンクリニックでは脂肪の吸引の際に脂肪を採取する部位や使用する機器にもこだわります。

太ももやお尻、腰などの深い層の脂肪は、痩せにくく膨らみやすい性質を持っているため、生着率を高めることができ、バストアップ効果の長期的な維持が見込めます。

また、採取した新鮮な脂肪を新しいシリンジに移し、脂肪注入専用の注入器セルブラッシュガンを使って、0.1cc単位で丁寧に注入していきます。従来の注入器よりも細かく注入ができるため、より生着率を高めしこりもできにくく、自然な仕上がりになります。

乳がん再建手術への応用

ガーデンクリニックでは従来の豊胸術と並行して、乳がん手術後の再建に関しても力を入れております。
大学病院からの紹介患者様も多くご来院頂いております。乳がん手術後の再建に関しても、このシリンジ式脂肪の吸引+PRP法による施術を行っております。