診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

肌に光沢を生む光治療 フォトフェイシャル
(IPL治療)

フォトフェイシャル(IPL治療)

フォトフェイシャル(IPL治療)とは

輝く肌へ生まれ変わる

Lumenis社の光治療器IPL(Intense pulsed lightインテンスパルスドライト)の名称です。

波長600nmから1200nmまでの周波数の光を作り、メラニンとヘモグロビンをターゲットに熱を与えることで、しみ、そばかす、赤ら顔、シワ、毛穴の開き、くすみに効果が期待できます。

従来のアレキサンドライトレーザーや、ルビーレーザーは一つの波長の光をより強くして照射するため、
「かさぶたができる」「痛い」
「テープをしばらく貼っている必要がある」
「炎症性色素沈着でかえって濃くなることがある」など、
様々なデメリットがありましたが、IPLフォトフェイシャルでは肌の表面を傷付けず、ダウンタイムも軽減。
施術直後からメイクをしていただけますので、施術を受けたことを周囲に知られたくない方や治療後すぐに人と会う予定のある方にもおすすめです。

メカニズム

IPLは光の波長を調整しながら肌トラブルの原因であるメラニンなどに直接ダメージを与え、正常なお肌への負担をかけることなく肌トラブルの改善に導きます。IPLの光は、ターゲットとなる色素「メラニン」に当たると熱エネルギーへと変化するのが特徴です。熱を与えられたメラニンは破壊され、次第に角質層まで浮かび上がります。
術後3~7日でメラニンは老廃物として肌から剥がれ落ちていきます。また、この熱作用により肌が活性化。コラーゲンが増加し、肌のハリやキメを内側から整える効果も期待できます。そのため、シワや毛穴の開き、ニキビ・ニキビ跡、たるみなどの改善にも効果が見込めます。

メリット

  • 切らない
  • 痛みが出にくい
  • 複数のお悩みに同時にアプローチ
  • ダウンタイムを軽減

治療時間

フォトフェイシャルは、3週間おきに5回の施術(1回の治療時間は20~30分)で1クールの治療となります。

治療の流れ

1. カウンセリング・診察

患者様のご要望やシミ・そばかす・お肌のくすみの状態に合った施術をご提案いたします。

2. 洗顔

処置を受けられる前にクレンジング・洗顔をしていただきます。

3. 施術

照射を行う前に、目を保護するためのアイシールドをつけていただきます。光の浸透を高めるジェルを塗布し、施術を進めます。
最初に目立たない部位でテスト照射を行い、強度を決定して本照射をスタート。塗布したジェルは術後きれいに洗い流していただきます。
最後に保湿成分の入ったパックをして終了です。
施術完了後メイクをしてのご帰宅が可能です。

4. アフターケア

術後の経過を拝見するため、検診へお越しいただければと思います。
副作用の出にくい施術ではありますが、万が一異変を感じた際は当院へご相談ください。
状態に合わせた対処をさせていただきます。IPLも、継続した施術でより高い効果が見込めます。
定期的においでいただければますます効果を感じられるでしょう。

Q&A

痛みやダウンタイムはありますか?

施術の痛みは、輪ゴムで軽く弾かれたようなパチッとした刺激を感じることがありますが、無麻酔で施術が可能な程度です。
また、ダウンタイムについては施術直後に赤みや熱感の出る場合があります。患部を冷やしていただければ数十分程度で改善されていきます。
一時的にシミやそばかすなどが濃くなったようにも感じるかもしれません。これはメラニンが浮かび上がってきてそう見えている状態ですので、時間の経過とともに改善します。

何回施術を受ければいいですか?

1度の施術でも効果は見込めますが、4週間に1度の間隔で複数回受けていただくとより効果を実感しやすくなります。

施術前や施術後にすべきことはありますか?

IPLはメラニンに反応するため、産毛にも反応しやすくなっています。あらかじめ産毛の処理をしていただきますようお願いいたします。
また、施術後のお肌は紫外線の影響を受けやすくなっていますので、紫外線対策をしっかりと行うようにしてください。