診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

【エイジングケア】ドクターコラム

BNLS注射
(脂肪溶解注射)
による二重顎改善法

ダイエットをしても落ちにくい「二重顎」。なんとか顎の脂肪をなくそうと無理なダイエットをすると、かえってシワやたるみの原因となります。また、痩せ型で若いうちは悩まされなかったという方でも、加齢に伴って顎下がたるみ、二重顎になる可能性があります。

ガーデンクリニックでは、BNLS注射を行っています。脂肪あるいは加齢に伴うたるみによる二重顎は、これによって治療が可能です。

BNLS注射とは

お顔の脂肪を溶解する注射です。

吸引手術を受けることなく、脂肪細胞の数を減らすことができます。まぶたや鼻にも施術が可能です。

特徴

術直後から日常生活へ

BNLSには炎症を抑える成分が配合されており、術後の腫れやむくみが軽減されるため、施術当日からのメイクが可能です。

痛みを感じにくい

極細針を使用するため、痛みはほとんど感じません。

3~7日で小顔に

従来の脂肪溶解注射は効果を得られるまで1~3ヵ月ほどかかりますが、BNLSでは3~7日ほどで小顔効果が期待できます。

BNLSは1度の施術でご満足される患者様もいらっしゃいますが、まずは3~5回施術を受けていただくことがおすすめです。1~2週間に1度のペースで治療ができますので、3週間ほどで二重顎の改善が見込めます。ただし、改善までに必要な回数には個人差があります。

チークリポサクションとの比較

当院には、脂肪による二重顎を改善させるもう1つの方法として、チークリポサクションというお顔における脂肪の吸引術がありますが、この2つには複数の相違点があります。2つの施術法について詳しくご紹介いたしましょう。

BNLS注射 チークリポサクション
方法 極細の注射針を用いて脂肪溶解剤を注入する 極細の吸引管で、脂肪細胞を除去する
痛み 感じにくい 感じにくい
傷跡 ほとんどない 顎の下側にごくわずかな傷
ダウンタイム ほとんどない 1~2週間
即効性
持続性 半永久的 半永久的
コストパフォーマンス

脂肪溶解注射のメリットは、メスを用いずに溶解できるという点にあります。なかなか隠しにくいお顔への施術は、なるべく傷が見えない方が良いでしょう。注射針でできる傷跡は微小で目立ちにくく、ダウンタイムもほとんどありません。

一方、チークリポサクションは数㎜のごくわずかな傷はできますが、顎の下側で見えづらく、マスクで充分に隠せる程度です。ダウンタイムが少々あるものの、複数回の施術は要りません。

1回あたりの金額はBNLSの方が安価に見えますが、数本の薬剤を複数回打つ可能性があります。顎下の脂肪が少ない方にはおすすめですが、多い方にとってはチークリポサクションの方がコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

エイジングケア 新着ドクターコラム

関連診療項目

診療項目別 ドクターコラム

お顔

ボディ

その他