美容整形・美容外科

美容皮膚科

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

tel
お電話

plus
ご予約

menu
メニュー

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

閉じる

無料カウンセリング 無料メール相談 モニター予約

tel-icon 0800-813-9290

受付時間

無料カウンセリング メール相談 Garden Clinic LINE

豊胸しても授乳はできる?
母乳への影響はある?
手術後の状態を解説

豊胸しても授乳はできる?母乳への影響はある?手術後の状態を解説

豊胸しても授乳はできる?母乳への影響はある?手術後の状態を解説

豊胸手術を受けると、セルフケアやトレーニングよりも確実かつ短期間でバストアップができます。一方、将来赤ちゃんを授かる希望がある方にとっては、「母乳に手術時の成分が入ってしまうかもしれない」「授乳ができなくなる」という不安材料もあります。実際にそのようなうわさや口コミを耳にして、心配に感じられている方も多いかもしれません。

今回の記事では、日々豊胸手術をご提供している立場から、授乳や母乳への影響について解説します。

豊胸手術が授乳に与えるリスクは低い

結論からお答えすると、豊胸手術による母乳への影響が出ることは、極めて少ないと言えます。これはシリコンバッグやヒアルロン酸注射、脂肪注入でも同じことです。

挿入位置

ただし、妊娠中から授乳終了時期までは乳腺や乳管が発達し、バストに張りが出やすくなる時期です。乳腺下法でのバッグ挿入の場合、サイズの大きすぎるバッグだと張りが出すぎて痛みが発生したり、発達してバッグを圧迫し始める乳腺が傷付いたりしてしまう恐れがあります。

また、乳腺が傷ついた状態での授乳は、乳腺炎を引き起こす要因となり危険な行為です。妊娠しても胸が張らない女性もいらっしゃいますが、妊娠をしないことにはご自身にどういった状態が起こるかは分かりません。

妊娠の予定がある方は、脂肪注入法を選ぶか、ご自身の身体に合った大きさのバッグを選ぶようにしましょう。

1.授乳の仕組みと豊胸手術

授乳の仕組みと豊胸手術

まず、授乳時のバストの仕組みについてお話しします。

妊娠が成立すると、体内で女性ホルモンが働きだし、乳房内にある乳腺が発達します。この動きにより、乳腺で母乳が作られます。

そして授乳をするときには、赤ちゃんが乳頭を吸い上げます。このとき、母乳は乳管を通り、乳頭に運ばれる仕組みとなっています。

豊胸手術はバストを大きくするための処置を行いますが、授乳に関係する乳腺や乳管にアプローチすることはありません。乳腺や乳管よりも下の位置への処置を行うため、シリコンバッグやヒアルロン酸、ほかの場所から吸引した脂肪が母乳に影響を与えるリスクは極めて低いです。

しかし、前述した通りシリコンバッグを挿入された方は乳腺炎に注意しましょう。

乳腺炎の症状

体温

  • 痛み
  • 赤みを帯びる
  • 硬くなる
  • しこりができる
  • 乳汁(母乳)が黄色く変化する
  • 発熱
  • 頭痛
  • 関節痛

乳腺炎は妊娠中の女性であれば誰にでも起こる可能性があり、豊胸をしたからと言って起こりやすくなる炎症ではありません。

さらに、産後2~3日間は母乳が作られて乳房がパンパンになります。乳管を開通させるために助産師の方がマッサージを行いますが、この時にバッグを挿入されている方は強い痛みが出るかもしれません。

そういったリスクを未然に防ぐためにも、医師と相談の上、適切なサイズのバッグを選択してください。

授乳中の施術は控えた方がよい

豊胸をしていない女性が、妊娠している時からバストが大きくなったとします。卒乳してからは乳腺の発達が抑えられ、乳房は徐々にしぼんでいってしまいます。大きさを保っていたいと、授乳中に豊胸を考える女性がいるかもしれません。

施術タイミング

卒乳するまではバストサイズが変動しますから、どのくらいの大きさに仕上げるのが相応しいかの判断は困難です。授乳中に豊胸を行ったとしても、卒乳後のサイズが思ったより小さくなったという結果も充分に考えられます。したがって、この期間にはおすすめできません。

卒乳後、改めて検討するようにしましょう。

不適切な手術で影響が出る場合もある

授乳の仕組みと豊胸手術で処置を行う場所を考えると、授乳に影響を及ぼすリスクは低いですが、不適切な手術によって悪影響が出るケースもあります。

感染症による影響

感染症による影響

稀なケースとなりますが、手術中の環境で感染症があった場合には、授乳や母乳へのリスクは避けられなくなります。

一般的に、豊胸手術を行う医療機関では消毒や滅菌がされており、手術を担当する医師も手指や器具の消毒を行うことから、手術中に感染症が起こるケースは非常に少ないと考えられています。しかし、手術環境が不衛生であった場合には器具に不純物や雑菌が付着することもあり、感染症リスクが出てしまいます。

授乳へのリスクを軽減して豊胸手術を受けるには

豊胸手術が授乳に影響を与えるリスクは非常に低いですが、少しでもリスクを軽減することは可能です。

1.実績と技術で定評がある環境を選ぶ

実績と技術で定評がある環境を選ぶ

豊胸手術はほかの美容整形と同じように、担当する医師の技術と実績が問われる手段です。また、安全性が高い手術を受けるには、衛生面での配慮を徹底している美容外科・クリニックを選ぶ必要があります。

手術を受ける場所が決まったら、必ずホームページを読み、技術や安全性、衛生面での配慮に定評があるかを調べましょう。客観的な情報を得るためには、口コミサイトも役立ちます。

2.授乳期間後に豊胸手術を受ける

授乳期間後に豊胸手術を受ける

授乳後なら母乳に影響を与えるリスクはさらに低くなります。また授乳後は妊娠中や授乳期間と比べ、バストの変形が起こりにくい時期でもあるので術後の持続性にも期待できるでしょう。

卒乳後におすすめしたい豊胸術

卒乳後は、バストサイズが小さくなってしまったり、バストがたるんでしまったりすることがあります。これは、お母さんなら誰でも起こり得る、正常な現象です。
妊娠中から卒乳までに起こるバストサイズの変化は、乳腺組織のボリュームの変化が影響しています。授乳を終えるまでは乳腺組織が発達して胸が張ったような感覚をもたらし、卒乳後は乳腺組織の発達が抑えられて張りが落ち着いていきます。

この時、元の大きさや形に戻れば問題ありませんが、卒乳後と妊娠前でバストの形が変わっている場合もあります。大きさや形などの状態を医師と確認しながら施術を決定することが、美しいバストを手に入れるのに重要となります。

大きさを求めるなら

シリコンバッグ

2~3カップほどのサイズアップが見込めるシリコンバッグ挿入法は、サイズや形の変わってしまったバストでも美しい形に形成できます。ただし、たるみが強く出てしまった方には向きません。たるみの強いバストに大きなサイズのバッグを挿入しても、本来の胸との間に段差ができてしまいます。2段胸と呼ばれ、手術をしたことが明らかになってしまう見た目です。

たるみが強い場合は、脂肪注入法による手術も視野に入れて医師へ相談してみましょう。

強いたるみの改善や自然な見た目を求めるなら

ご自身の脂肪

脂肪注入法は、皮膚に余裕があるほど注入した脂肪が定着しやすいと言われています。授乳後、たるみが強く出てしまった方にはおすすめです。

また、胸が乳腺と脂肪から形成されていることから、見た目や触り心地を自然に仕上げられるというメリットがあります。授乳後に形が変わってしまったという方にもおすすめの施術で、1~1.5カップ程度のサイズアップが見込めます。

しかし、脂肪吸引を行えるだけの脂肪がついていない方には不向きです。

授乳へのリスクを避けて豊胸手術を受けるなら、ガーデンクリニックにご相談ください

ガーデンクリニックでは、シリコンバッグ豊胸と脂肪注入による豊胸のメニューをご用意しております。技術力と専門性、安全性への配慮において、多くの患者様から喜びの声をいただいております。授乳に関する不安を解消できるよう、手術に入る前には十分な時間をとってカウンセリングを行います。

「これから豊胸手術を考えているけれど、授乳に影響が出ないか不安になっている」という方は、ぜひ当院にご相談ください。患者様に合ったスケジュールで、安全性の高い施術をご提案します。

カウンセリング予約はこちら

メール相談はこちら