診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

いびき治療

いびき治療

「いびきで周りに迷惑をかけたくない」「恥ずかしい…」「起きてから喉が痛む…」。そんないびきのお悩みはありませんか?

いびきの害には、家族・パートナーとの関係悪化や、睡眠の質の低下を原因とした昼間の眠気による事故などが挙げられます。
それらのリスクを現実とさせないため、ご自身とご家族の心地良い睡眠のために。
いびきのお悩みへ「ナイトレーズ」をおすすめいたします。

いびき治療の特徴

ガーデンクリニックのいびき治療は、「切らない」「痛みが出にくい」「出血がない」治療が可能! 従来の外科的手術とは異なり、切開や縫合が一切不要というのが、当院の治療の特徴です。

1.切らない治療

粘膜部分を切り広げて気道を確保する一般的な治療ではなく、粘膜組織を引き締める治療を行っています。もちろん麻酔を使わずに施術可能です。

2.痛みが出にくく出血がない

通常のいびきレーザー治療は痛みや出血を伴いますが、ガーデンクリニックのナイトレーズによるいびき治療は切除を行わないため、出血がなく、痛みが出にくいのが特徴です。

3.施術時間20~30分

手術を要するいびき治療のように切開や縫合を行わないため、入院の必要もありません。施術時間は20~30分程度で、終了後はすぐに普段通りの生活にお戻りいただけます。

4.ダウンタイムがほとんどない

気道を切り広げるレーザー治療は喉の違和感が1週間以上続きますが、当院の施術はダウンタイムが約3日と、従来よりも大幅に軽減されています。日常生活へ支障をきたすことはほとんどなく、喉のゴロゴロ感のような違和感が少しある程度です。

いびき治療「ナイトレーズ」について

ナイトレーズとは、エルビウムヤグレーザーによるいびき治療です。

ガーデンクリニックで採用しているFotona社(ヨーロッパで1964年創立のメーカー)によって開発されたこのレーザー装置は、独自のスムースモードによる低侵襲治療を可能としており、ダウンタイムや合併症のリスクを軽減しています。

Fotona社のレーザー装置は患部への負担が少なく、婦人科治療「インティマレーザー」にも用いられています。

インティマレーザー

また、当院が採用しているエルビウムヤグレーザーは、従来の炭酸ガスレーザーに比べダウンタイムが軽減されているというのが特徴です。組織の治癒までに要する期間は、炭酸ガスレーザーが30日であるのに対して、当院のレーザーでは2日程度です。さらに、炭酸ガスレーザーでは重篤な合併症が30%弱みられるのに対して、エルビウムヤグレーザーは0%であるという学術報告もあります。

従来のいびき治療との違い

従来のレーザーを使用しないいびき治療は、マウスピースや鼻腔拡張テープといった地道な対策や、鼻腔腫瘍や軟口蓋を切除する手術などが一般的でした。

中でも切除を要する手術では、1週間ほどの入院を要する場合や、2週間ほど痛みや違和感が残ることもあります。場合によっては、口蓋垂(のどちんこ)が切り取られた影響で水を飲んだときむせやすくなる等、後遺症が残ってしまうリスクも抱えています。

近年はレーザー治療が誕生したことによって、出血を抑えながら口蓋垂・軟口蓋を切開せず焼き切ることも可能になりましたが、やはり切除を行っていることに変わりありません。一般的には局所麻酔や術後の痛みが、これまでのいびきレーザー治療にはつきものでした。

「ナイトレーズ」は、軟部組織(喉の粘膜)を“引き締める”ことでいびきを改善するため、ダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)はほぼありません。従来ならば術後の食事制限もありましたが、ナイトレーズなら術後すぐに普段通りの食事ができるようになります。

施術の流れ

1.カウンセリング

問診票に必要事項を記入いただき、カウンセラーが患者様のお悩みを丁寧にお伺いします。現在服用されているお薬やアレルギー等もお尋ねします。

2.医師による診察

問診とともに、お口やお鼻の状態を診察します。

※診察の結果、レーザー治療を受けられない患者様も中にはいらっしゃいます。あらかじめご了承ください。

3.ナイトレーズ治療

口膣内にアプリケーターを挿入し、粘膜組織にレーザーを照射します。切開をせずに組織を引き締める治療のため、麻酔の必要や術中の出血はありません。

4.術後

治療後のダウンタイムは約3日間です。激しい運動や飲酒、喫煙、刺激の強い食べ物の摂取は控えていただくようお願いしておりますが、通常と変わらず日常生活を送っていただけます。

1回20~30分の治療が、人生の3分の1を変える

大庭英信
ガーデンクリニック
顧問指導医

喉の痛み、睡眠不足、酸欠による脳や心臓への悪影響、そして音による周りへの迷惑……。いびきの悩みを抱える方は老若男女を問わず多く、今やいびきレーザー治療は世界的にメジャーな施術となりました。

日本はアメリカに比べまだまだ手術数が少ないのが現状ですが、いびきを放置しておくと睡眠時無呼吸症候群(SAS)を引き起こす恐れもあり、原因によっては速やかな治療が推奨されています。

睡眠中のいびきは、家族やパートナーとの関係悪化や、昼間の眠気による事故などにも繋がります。当院のいびき治療「ナイトレーズ」で毎晩繰り返しているそのお悩みを改善し、人生の3分の1を占める睡眠を心地良いものにしませんか。