診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

ししゃも脚を改善 ボトックス注射

ボトックス注射

ボトックス注射とは

運動やヒールの履きすぎなどによって筋肉が張ってしまい、ふくらはぎが太く見える状態、いわゆる「ししゃも足」を改善させる施術です。注射のみの施術であるため、傷跡が目立ちにくく、ダウンタイムもほとんどありません。

※なお、ふくらはぎの太い理由が脂肪である場合には、ボトックスによる痩身効果があまり見込めない可能性があります。その場合は、脂肪の吸引もしくは脂肪溶解注射リジェンスリムがおすすめです。

作用について

筋肉の動きを抑制させるボトックスを、ふくらはぎの筋肉へ注射します。徐々に筋肉を委縮させることで筋肉が痩せていくため、術後数日から自然に細くなっていきます。
持続期間は3~6ヵ月ほどです。複数回施術を受けていただくと、元の状態に戻りにくくなります。

薬剤について

本来「ボトックス」はアラガン社のボツリヌストキシン製剤を指しますが、薬剤の総称として広く使われていることも多いです。
当院では、以下の2種類のボツリヌストキシン製剤を使用しています。

患者様のお悩みの状態やそれぞれの製剤の特性に合わせて、注入量を調整いたします。
薬剤についてご不明な点がありましたら、ご予約時やカウンセリング時または診察時にお尋ねください。

リスク・副作用について

術直後は注射した箇所が一時的に赤くなることがありますが、数時間で治まっていきます。また、術後1、2日は筋肉痛のような鈍痛を感じることがあります。
稀に内出血が出ることもありますが、時間の経過とともに改善されます。