診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

シミの悩みを
打ち砕く
ピコレーザー

ピコレーザー

シミと痛みを残さない

シミには、消えていくものと消えにくいものがあります。お肌というのは、定期的に入れ替わっていくものです。
通常、メラニンは肌の代謝(ターンオーバー)で皮膚表面へと押し上げられ、垢となって剥がれ落ちていきます。メラニンは皮膚の浅い部分である表皮の基底層で発生することが多く、ターンオーバーが正常に行われればだんだんと薄くなって消えていきます。
しかし、真皮層という皮膚の深い部分で生成されてしまうと、ターンオーバーに時間がかかります。
基底層で発生した場合は約28日で排出されていくのに対し、真皮層で発生した場合の排出にかかるのは約5、6年。さらに、真皮層のシミの部分は細胞分裂能力までも低下してしまうため、どんどんメラニンが蓄積されて消えにくくなってしまうのです。

そんな消えにくかったシミを、治療期間と痛みを抑えながら治療できるのが当院の「ピコシミ取り」です。

ピコシミ取りとは

ピコレーザーと呼ばれるレーザーを用いた治療です。
1兆分の1秒(ピコ秒)というわずかな時間でメラニン色素の粒子を細かく破壊し、シミを改善していきます。
ピコフラクショナルは大きさに合わせてピンポイントでの治療が可能です。ガーデンクリニックでは、「enLIGHTen(エンライトン)」という機器を使用して治療を行っています。

こんな方にオススメ!

  • 目立つシミ・色素沈着がある
  • 痛みを抑えた治療を受けたい
  • ダウンタイムを軽減したい
  • できるだけ早く取りたい
  • これまで受けてきた治療で取り切れていない

シミの種類

いくつもの種類があります。その原因もまた様々であり、間違ったセルフケアでは状態を悪化させることになりかねません。
ガーデンクリニックでは種類や原因を突き止め、それぞれに合った治療をご提案いたします。

老人性色素斑・日光性黒子

顔や手の甲、腕などに多く見られ加齢とともに現れます。形がくっきりとしていて 濃い褐色をしていることが多いです。主な原因は紫外線とされています。

そばかす

雀卵斑(じゃくらんはん)ともいうそばかすは、鼻を中心として頬の辺りに点在する小さな斑点のことを言います。形に規則性はなく、淡い褐色をしています。遺伝的な要因でそばかすのあることがほとんどです。

炎症後色素沈着

年齢や性別、部位に関係なくできる褐色のシミで、ニキビや火傷、かぶれなどによる肌の炎症が治癒した際に生じます。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

メラノサイトが真皮層に存在し、20歳前後から出現する色素斑です。頬やまぶた、鼻、額などに点在し、ややグレーがかったような色から青色、褐色と多様な色をしています。

脂漏性角化症・老人性イボ

20代後半から年齢を重ねるにつれて増加していく、老人性色素斑の角化によりやや膨らんだ状態です。褐色や黒色の場合もあれば、皮膚そのものの色をしていることもあります。

特徴

1. 色素の粒子のサイズに合わせられる

シミの色素の大きさは多様です。その粒子のサイズが大きければ濃くなり、小さければ薄くなります。
ピコフラクショナルでは、大きいメラニン色素の粒子を砕いて小さな粒子にし、それからさらに細かく粒子を砕いていくことができます。細かく砕かれた色素はマクロファージという貪食細胞によって排泄されやすくなり、まだらに残ることなく回数を抑えた治療が可能です。

2. 無麻酔でも施術が可能

レーザー治療は照射をする時間(パルス幅)が長ければ長いほど熱変性が起き、痛みを生じます。
しかし、ピコフラクショナルのパルス幅は1兆分の1秒と極めて短く、熱変性を起こさずに衝撃波で色素を粉砕します。周囲の組織への熱影響を抑えることができるため、無麻酔でも施術が可能なほど痛みを抑えられます。

3. 皮膚の奥深くまでレーザーが到達する

エンライトンには532nmと1064nm の2つの波長が搭載されています。波長が長いほど皮膚の奥深くまでレーザーが届くため、表皮あたりのシミにも真皮の深い層にある場合でもアプローチさせることが可能です。

治療過程

1. レーザー照射

レーザーを照射します。
無麻酔でも施術可能ですが、パチパチとした刺激を感じる場合がありますので、痛みに弱い方や痛みが心配な方には表面麻酔をしてからの施術も可能です。あらかじめご相談ください。

2. 一時的に白くなる

ピコレーザー照射後のシミは一時的に白くなります。

3. 黒いかさぶたのようになる

その後黒いかさぶたのようになり、術後1週間程度でかさぶたが取れていきます。

4. かさぶたが剥がれる

かさぶたが剥がれた後はピンク色をした肌になります。

5. 元の肌色へ

次第に周囲の肌の色に馴染んで元の肌色になります。しっかりと紫外線対策を行いましょう。

Q&A

メイクや洗顔、シャワー、入浴はいつからできますか?

患部以外の部分でしたら当日からメイクをしていただけます。患部へのメイクはかさぶたが取れてから可能になります。また、洗顔・シャワー・入浴は当日からしていただけますが、患部はできるだけ濡らさないようにしてください。

施術後に気をつけなければならないことはありますか?

シミが悪化する可能性がありますので、施術後の紫外線対策は必ずするようにしてください。また、かさぶたができるとかゆみを生じることがあります。掻いてしまうと赤みとして肌に残ってしまう可能性がありますので、極力掻いたり擦ったりしないようにしてください。

何回施術を受ければいいですか?

シミの状態は患者様によって異なります。シミの状態を丁寧に診させていただいた上で治療回数をご提案いたしますので、まずはカウンセリングへお越しいただければと思います。