診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

あらゆるリスクを軽減 コンデンスリッチ豊胸

コンデンスリッチ豊胸

コンデンスリッチ豊胸とは

お尻や太ももなどについた、身体の余分な脂肪を吸引し、バストに注入する豊胸術です。
従来の脂肪注入による豊胸術では、注入した脂肪の半分程が定着して残ると言われてきました。ガーデンクリニックでは、更に定着率を向上させ、半永久的のバストアップ効果が期待できる、コンデンスリッチ豊胸をおすすめします。

定着率が80%以上と言われています。その定着率は良質な脂肪を作り出すプロセスにあります。

採取した脂肪を遠心分離器にかけて、死活細胞や老化細胞などの不純分を除去しながら細胞を細かく小さくしていくことで、幹細胞が多く含まれる脂肪だけを抽出することができるようになりました。

一連の工程を全て空気に触れず無菌状態で行うため、浸透していくと周囲の組織が活性化し、ふっくらとやわらかいバストに仕上がります。

健全な脂肪だけを無菌で注入

コンデンスリッチファットを使用するコンデスリッチ豊胸は、独自のコンデンス(濃縮)技術で作られる濃縮脂肪を無菌状態のまま注入できることから、従来懸念されてきたしこりの原因とされる石灰化や脂肪の壊死といったリスクを回避したバストアップが可能となっています。コンデンス(濃縮)によって死活細胞・老化細胞は予め取り除かれ、美しく自然なバストラインを作ります。

遠心分離される際の圧力に死活・老化細胞は耐えられず、排泄オイルとしてウェイトフィルターの小さな穴から排出されていきます。この穴は液体のみを通すため、健全な脂肪との分離が実現可能になりました。

空気に一切触れません

コンデンスリッチファットは、採取からバスト注入までの全ての工程を空気に触れさせることなく行えます。空気中の菌類やほこりには感染症のリスクとなる不純物が含まれているため、無菌状態で取り扱える点では術者にとっても施術に専念できるプロセスが特徴となっています。

数分で濃縮

従来の幹細胞注入は幹細胞を抽出するまでに数時間を要したため、麻酔の時間や回数など、患者様のお体への負担が伴っていました。コンデンスリッチ豊胸は、数分で遠心分離させ、そのまま注入することができるので施術時間の短縮だけでなく、お身体への負担を軽減できます。

コンデンスリッチファット注入の流れ

1.脂肪を採取

専用のシリンジを使用して外気に触れることなく採取します。

2.麻酔液を廃棄

約10分ほどで麻酔液を分離させて廃棄します。

3.遠心分離

遠心分離させて濃縮された脂肪を作ります。(4000回転/8分間)

4.3層の脂肪に

写真のように排泄オイル(死活細胞・老化細胞)、脂肪、血液・細胞膜の3層に分離されました。

5.脂肪以外を廃棄

余分な2層を廃棄して脂肪だけをシリンジ内に残します。この脂肪がコンデンスリッチファットです。

6.気になる部位に注入

術前にデザインしておいたバストラインに合わせて丁寧にコンデンスリッチファットを注入していきます。