美容整形・美容外科

美容皮膚科

歯科治療

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

PRP法セルフエイジングケアの
真骨頂

PRP法

PRP法とは

施術イメージ

血液から血漿成分を抽出

PRP(Platelet Rich Plasma)は多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)のことを言い、ご自身の血液から血漿成分をシワやたるみに注入することで、目元のちりめんじわを無くしたり、お肌のハリを取り戻すエイジングケアで、正しくは「自己多血小板血漿注入療法(PRP療法)」と言います。

すりむいたり、切った時に傷が治っていくのは、血液の血漿(けっしょう)成分の働きによるものです。この治療で使用される血小板にも血を止めたり壊れた血管や細胞を治す働きがあるため、たるみやシワに注入することで老化を遅らせ、お肌のハリを取り戻すことができるのです。

血小板には、成長因子(GrowthFactor) と呼ばれる成分が含まれています。この成長因子(Growth Factor)が細胞の表面に刺激を与えることで弱った細胞が元気になります。PRP療法はこの働きを利用して顔の皮膚のシワやたるみを改善します。

また、様々なエイジングケア施術と組み合わせることでさらに老化を予防できます。100%自己血液由来成分ですのでアレルギーの心配もありません。

治療の適応

適応部位

適応部位としては、おでこのシワ、眉間のシワ、目尻のシワ、目の下のちりめんじわ、目の下のくま、ニキビ跡、首のシワ、 唇、口のまわりなどがあります。

施術時間は採血から注入まで30分程で終了します。注射だけなので日帰りで行え、ダウンタイムもなく通院の必要はありません。

効果は術後1~2ヵ月かけて自然と実感できます。
注射により皮膚の真皮層の皮膚の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンなどの生成が促されて肌質が改善し、小じわが薄くなっていきます。ヒアルロン酸注入と違って自分の細胞の力で肌を改善させるので効果は永続しやすくなります。またダーマローラーと併用することでお顔全体に使用することも可能です。

施術の流れ

イメージ

1.カウンセリング

医師とカウンセリングを行います。
気になるシワやたるみに合わせた治療をご提案します。

2.麻酔・施術

治療の前に注入部位に麻酔を行います。
麻酔はテープもしくはクリームをお選びいただけます。
患者様から採血した血液を遠心分離機にかけて多血小板血漿(PRP)を精製し、気になる部分に注入します。


ガーデンクリニック理事長
大庭英信
HIDENOBU OBA

略歴

1994年
東京慈恵会医科大学 卒業
1995年
某美容外科 入局
1997年
帝京大学溝の口病院 麻酔科勤務
東京慈恵会医科大学解剖学教室にて臨床解剖研究
1998年
某大手美容外科クリニック 院長就任
2013年
ガーデンクリニック 開院

所属学会・資格

日本美容外科学会正会員