美容整形・美容外科

美容皮膚科

歯科治療

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

眉毛下切開たるみを引き上げ
目元スッキリ

眉毛下切開

眉毛下切開とは

加齢に伴う上まぶたのたるみや、厚ぼったい上まぶたのたるみを改善する施術です。
眉下のラインに沿って切開し、上まぶたの余分な皮膚や脂肪を除去します。まぶたには手を加えませんので、目の形を変えずにたるみの改善が可能です。
たるんでいる皮膚を持ち上げて眉下で縫合すると、たるみで隠されていた二重や目のラインが見えるようになります。加えて、眉と目の距離が若干縮まることで、キリッとした印象に。傷跡は眉に沿ってできるため、時間の経過とともにほとんど気にならなくなるのが特徴です。

施術フロー

自然に仕上がる眉毛下切開のポイント

眉下のラインに傷跡ができることで、術直後でも傷跡が目立ちにくくなりますが、ガーデンクリニックでは以下のようなポイントに配慮しているため、より傷跡の目立ちにくい自然な仕上がりが期待できます。

1. お一人お一人に合ったデザイン

デザイン

患者様のたるみの状態やご希望の仕上がりによって、切開線は異なります。自然な仕上がりを叶えるために、切開する長さや幅などを患者様それぞれに合わせてデザインを行います。

2. 眉毛を残す切開

目

眉毛の毛包を温存できるよう施術をするため、眉もしっかりと残ります。傷跡の部分も眉毛で隠すことができ、より自然な変化を生み出せます。

3. 皮膚がよれにくい縫合

眉

通常、縦横比の小さな箇所の皮膚を切開して縫合すると、ドッグイヤーと呼ばれる皮膚のよれからなる盛り上がりが生じてしまいます。そのドッグイヤーを生じさせないよう、縦横比を調整しながらよれにくいデザインを行います。

こんな方にオススメ!

女性

  • バレずに老けた印象の目元を改善したい
  • 上まぶたのたるみによって視野が狭くなってしまった
  • 上まぶたのたるみによって二重幅が狭くなってしまった
  • 上まぶたのたるみによって目尻のシワが深く長くなってきた
  • 上まぶたが厚く、腫れぼったい印象である
  • 目元の印象を変えたくない
  • ものを見る際にまぶたを無理に持ち上げようとすることによる額のシワ、目の疲れ、肩こり、頭痛に悩んでいる

施術の流れ

1. カウンセリング

カウンセリング

カルテ問診票にご記入いただき、カウンセラーがお悩みをお伺いいたします。

2. 診察

診察

医師による診察と患者様のご要望を合わせ、患者様に合った施術のご提案をいたします。

3. 施術

医師

切除する部分のデザインを行い、麻酔をします。
局所麻酔で施術を受けていただけますが、痛みに弱い方や痛みが心配な方には、熟睡状態のうちに施術を終えられる「静脈麻酔」もご用意しております。
麻酔が効いたら施術を開始します。施術時間は約1時間です。

4. 抜糸

手を添える女性

施術5~7日後、抜糸のために再度ご来院いただきます。

5. 術後

笑顔の女性

術後の経過を拝見するため、定期検診へお越しください。万が一トラブルがありました際にはすぐに対応させていただきます。

ダウンタイムについて

腫れ・内出血は術後1~2週間ほどかけて徐々に治まっていきます。術後1ヵ月ほどは赤みがありますが、メイクでカバーできる程度です。
2~3ヵ月かけて白く細い線になり、目立ちにくくなります。

洗顔 翌日からOK
シャワー 翌日からOK
施術箇所以外のメイク 翌日からOK
コンタクト 抜糸後からOK
運動 抜糸後からOK
入浴・アイメイク 抜糸翌日からOK


ガーデンクリニック理事長
大庭英信
HIDENOBU OBA

略歴

1994年
東京慈恵会医科大学 卒業
1995年
某美容外科 入局
1997年
帝京大学溝の口病院 麻酔科勤務
東京慈恵会医科大学解剖学教室にて臨床解剖研究
1998年
某大手美容外科クリニック 院長就任
2013年
ガーデンクリニック 開院

所属学会・資格

日本美容外科学会正会員