診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

【エイジングケア】ドクターコラム

頬のたるみの
改善法

頬がたるんでくるのは、地球上に重力が存在している以上避けられません。では、どのように対処するべきなのでしょうか。

セルフケア

表情筋を鍛える

皆さん自身でできることは、表情筋の緩みが大きな原因の1つであることから、表情筋を鍛えることをおすすめします。

1日に数回、鏡の前で笑顔や驚いた顔などをして表情筋を動かしてみてください。この運動で鍛えることができます。

しかし、この方法は小ジワが増えてしまう可能性があり、一長一短です。

美容外科による治療

頬のたるみをしっかりと改善させるには、美容外科での治療が必要です。

例えば、ダーマローラーやレーザーフェイシャルで真皮のコラーゲンを増加させて肌にハリを持たせ、頬のたるみを改善させることができます。ダーマローラーと同時に、PRPというご自身の血液から作られる成分を皮膚に導入させることで、より効率的な肌のエイジングケアも可能です。

また、頬と顎の脂肪を吸引(チークリポサクション)や糸リフトを行うことで、皮下のレベルでたるみを引き締めることができます。2つの施術を組み合わせると、さらなるリフトアップ効果が見込めます。

ガーデンクリニックでは、ミニリフトやフェイスリフトといった切開を伴うエイジングケアも施術可能です。どのような方法が適しているのかは、カウンセリング・診察をさせていただいた上でご提案させていただきます。

エイジングケア 新着ドクターコラム

関連診療項目

診療項目別 ドクターコラム

お顔

ボディ

その他