診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

【エイジングケア】ドクターコラム

ほうれい線への
ボトックス注射

メカニズムやその治療効果について

ボトックスとは

シワ治療やワキガ・多汗症、痩身、小顔形成などの美容外科における様々な領域で使用されている製剤です。ボトックスに含まれるボツリヌストキシンには、筋弛緩作用(筋肉を麻痺させる働き)があります。

例えば額や眉間のシワは、前頭筋や皺眉筋という筋肉に力が入ってできるため、麻痺させることでシワが寄らなくなります。

ボトックス注射でほうれい線や顔のたるみは目立たなくなるのか

ほうれい線は、いくつかの表情筋が動くことによってできるものです。これらを全て麻痺させてしまうと、笑顔が上手に作れなくなったり、口周りの動きが不自然になってしまったりするため、原則的にほうれい線へのボトックス注射はおすすめしておりません。

ほうれい線の原因は表情筋だけでなく、皮下脂肪の減少や皮膚のたるみも含まれます。これらの原因を改善する方が、より自然に目立ちにくくすることが可能です。

まずはご相談へお越しください

皮下脂肪の減少にはプレミアムオートファイバー(脂肪注入)やヒアルロン酸注入、皮膚のたるみにはチークリポサクションや糸リフトなどがおすすめです。いずれの施術も顔にメスを入れず、ダウンタイムを軽減できます。

実際にはカウンセリングの際に、患者様それぞれにどの方法が合っているのかを診察・診断しておりますので、ぜひ一度カウンセリングにいらしてください。

関連診療項目

診療項目別 ドクターコラム

お顔

ボディ

その他