美容整形・美容外科

美容皮膚科

歯科治療

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

【エイジングケア】ドクターコラム

ほうれい線と
顔のたるみの原因とは

習慣や加齢による3つの要因

1. 筋肉の働き

口元

1つ目は、顔の構造上の問題です。口周りは、口をすぼませる働きのある口輪筋という筋肉に囲まれています。その口輪筋の周囲の笑筋・小頬骨筋・大頬骨筋などが様々な表情を作っていますが、これらは鼻唇溝の皮膚にくっついているため、筋肉の動きとともに折れたり伸ばされたりしています。

まっさらな折り紙を想像してください。折り紙を軽く折っても跡はそれほどつきませんが、軽くても何回も同じところでおると、くっきりと線がつくものです。

皮膚も同様に、絶えず動く口元の一番負担がかかる部分に、ほうれい線ができてしまいます。

2. お肌のたるみ

スキンケア

2つ目の原因は、お肌のたるみによるものです。若い頃のお肌にはハリがありますが、年齢とともに皮膚のコラーゲンが少なくなり、緩んで弾力がなくなることでシワが深くなっていきます。

お肌のたるみ自体は加齢だけでなく、紫外線・ストレス・喫煙・ビタミン不足などが起因します。

3. 脂肪の減少

女性

最後の原因は、頬の脂肪の減少によるものです。加齢とともに減っていき、げっそりとした印象になってしまいます。減少することでたるみもさらに目立ち、ほうれい線も深くなっていきます。

エイジングケア 新着ドクターコラム

関連診療項目

診療項目別 ドクターコラム

お顔

ボディ

その他

ガーデンクリニック理事長
大庭英信
HIDENOBU OBA

略歴

1994年
東京慈恵会医科大学 卒業
1995年
某美容外科 入局
1997年
帝京大学溝の口病院 麻酔科勤務
東京慈恵会医科大学解剖学教室にて臨床解剖研究
1998年
某大手美容外科クリニック 院長就任
2013年
ガーデンクリニック 開院

所属学会・資格

日本美容外科学会正会員