美容整形・美容外科

美容皮膚科

歯科治療

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

【エイジングケア】ドクターコラム

生まれつきゴルゴ線が
ある方の治療方法

ゴルゴ線やゴルゴライン、またはインディアンラインとも呼ばれる頬の斜め線は、一般的には20代後半から出てくることが多く、年齢を重ねるごとに目立ちやすくなります。乾燥肌や加齢に伴う筋肉や脂肪の痩せが主な原因です。

しかし、生まれつきゴルゴ線がある、もしくは出やすい体質という方も稀にいらっしゃいます。10代の内から気になる場合は、加齢由来ではなく生まれつきのラインであると考えられます。

幼少期から笑うと出ていたという方もいるほど、年代に関わらずお悩みとなりやすいゴルゴ線。このような生まれつきの斜め線を改善する方法をご紹介します。

セルフケアで改善できる?

美容クリームには限界がある

クリーム

加齢に伴ってできるゴルゴ線ですと、肌の乾燥が原因となっていることもあるため、対策用の基礎化粧品などの保湿効果でシワが目立ちにくくなる場合があります。

しかし、生まれつきのものは皮膚の加齢が原因ではなく、化粧品では根本的な解決にはなりません。それに加えてコラーゲンは表皮から吸収されないため、加齢によるゴルゴ線対策としても限界があります。

筋トレやマッサージは効果が期待できない

マッサージ

表情筋トレーニングは、表情筋の衰えによってできてしまったラインには有効な場合があります。ですが、幼い頃からのゴルゴ線と筋力の低下は関係がなく、トレーニングで改善させるのは困難です。

マッサージやフェイシャルエステなど、外側から触れるアプローチも同様に、生まれつきのゴルゴ線への効果は期待できないでしょう。特にセルフマッサージは目の下の薄い皮膚にダメージを与える原因になり、たるみを加速させ、一層シワが目立つ恐れがあります。

ニュープレミアムオートファイバー

ニュープレミアムオートファイバー

ニュープレミアムオートファイバーは、生まれつきのゴルゴ線のような深いシワにも効果が見込めます。お身体から採取した脂肪をお顔に注入して、気になるシワやたるみをふっくらとさせる治療法です。ご自身の脂肪を用いるため、副作用などの心配がほとんどなく、その他の様々なシワも改善できます。

さらに、従来のオートファイバーよりも直径が半分程度の脂肪粒を採取でき、より細やかな注入が可能になっています。

ゴルゴ線のある目元〜頬の皮膚は薄くデリケートで、ほうれい線などの治療以上に繊細な施術が求められます。細かい脂肪を少しずつ注入できるニュープレミアムオートファイバーなら、薄い皮膚がつっぱったり凹凸になったりするリスクを低減しつつ、自然な変化でふっくらと目立ちにくくさせます。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸

注射のみで可能な改善策が、ヒアルロン酸を注入する治療です。注入直後からラインを目立ちにくくさせることができます。施術は数分ほどで終わり、腫れやむくみもほとんどありません。

しかし、ヒアルロン酸は元々人間の体内にある成分で、注入したヒアルロン酸は半年ほどで吸収されてしまいます。長期的な効果を求める場合は、繰り返しの注入が必要です。

エイジングケア 新着ドクターコラム

関連診療項目

診療項目別 ドクターコラム

お顔

ボディ

その他

ガーデンクリニック理事長
大庭英信
HIDENOBU OBA

略歴

1994年
東京慈恵会医科大学 卒業
1995年
某美容外科 入局
1997年
帝京大学溝の口病院 麻酔科勤務
東京慈恵会医科大学解剖学教室にて臨床解剖研究
1998年
某大手美容外科クリニック 院長就任
2013年
ガーデンクリニック 開院

所属学会・資格

日本美容外科学会正会員