診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

じんわりバレにくい
部分痩せ
脂肪溶解注射
リジェンスリム

脂肪溶解注射リジェンスリム

脂肪溶解注射リジェンスリムとは

気になる場所に注射をするだけで、脂肪を溶解できる施術です。

主成分のホスファチジルコリンが脂肪を分解し、L-カルニチンとインスリン類似成長因子が分解した脂肪の代謝を助けます。この3つの主成分の共同作用で、より効率的な脂肪の減少が可能になりました。
吸引に抵抗がある方、手術はご希望でない方におすすめです。

特徴

主成分のホスファチジルコリンが豆由来でないため、大豆などのアレルギーがある方にも使用できます。
細胞障害を起こす可能性のあるデオキシコール酸を含んでおらず、従来の脂肪溶解注射に比べて術後の腫れが少ないです。そのため、ヨーロッパCE(EU加盟国の基準を満たす商品である証)で認証されています。

頻度や回数について

効果が見え始めるのは、術後約1ヵ月後です。複数回の施術をおすすめしておりますので、前回の施術から1~2週間空けて3~5回受けていただくと、効果を感じやすくなります。部位によっては、ボトックス注射やCETの併用でさらなる部分痩せが期待できます。

部位別での説明

身体の脂肪が気になるところはどこでも適応部位になります。部位別にどのように施術をするのか、注入量の目安はどれくらいなのか説明いたします。

二の腕

たぷたぷとしている二の腕に悩んでいる方は多く、誰でもほっそりとした二の腕に憧れます。
二の腕にも注射することが可能です。二の腕だけでなく付け根部分も一緒にすると、バランスの取れた細い腕に仕上がります。

注入量の目安

一般的には手のひら1枚分につきリジェンスリム1本程度が目安となっています。二の腕であれば3本程度です。付け根も含めると5~6本になります。

背中

背中のお肉は自分ではなかなか見ることができないですが、ふとした時に鏡をみてビックリしたり、写真で後ろ姿を見て驚いたりした経験をある方も多いと思います。背中も部分痩せが可能です。
二の腕も一緒に注射することで、背中から腕にかけてのラインが美しく仕上がります。

注入量の目安

背中のみであれば4本程度です。

お腹

ほっそりとしたくびれに憧れる女性は多いかと思います。
ガーデンクリニックでご相談いただく気になる部位で一番多いのが、お腹です。お腹の前面だけでなく、側面も一緒に注射することでウエスト全体のサイズダウンやくびれの形成が図れます。

注入量の目安

お腹の前面のみであれば4本程度ですが、側面も含めると6~7本になります。

太もも

太ももについてしまった脂肪はダイエットで落とすのは至難の技ですが、脂肪溶解注射ならピンポイントで除去できます。
吸引と比べると腫れや内出血などのダウンタイムも数日で、術後の痛みもほとんどありません。

注入量の目安

外側のみであれば6~8本程度です。内ももも同じくらいの量がよいかと思います。太ももは皮下脂肪が多いので、必要十分量をしっかり打つことが大切です。

ふくらはぎ

どんなに太ももが細くてもふくらはぎが太いとバランスが悪い脚にみえてしまうだけでなく、スカートを履いた時に脚全体が太く見えてしまいます。ふくらはぎに注射することで、ほっそりとした脚に仕上げられます。
また、同時にボトックス注射で筋肉を小さくすると、筋肉太りも改善できます。

注入量の目安

ふくらはぎのみであれば片側4~6本程度です。

治療の流れ

1. カウンセリング・診察

まず、お悩みについてご相談ください。診察により、注入部位や注入量が決まります。
また、妊娠や授乳、糖尿病などの持病の有無によっては注射ができないこともありますので、きちんと診察をします。

2. 施術

注射をする前に表面麻酔を行いますが、痛みに弱い方や痛みが心配な方には、静脈麻酔による施術がおすすめです。眠くなる点滴をする静脈麻酔で施術を受けていただくと、患者様の熟睡中に施術を終えられます。
施術後はリカバリールームで休んでいただいた後、ご帰宅できます。

3. 通院

1ヵ月で効果が見え始めます。正常な治療経過であるかどうか、きちんと効果が出ているかどうか、施術後もしっかり診察させていただきます。
困ったことなどがあれば、その都度医師に相談をしていただければと思います。

おすすめの組み合わせ治療

マグマトリートメントと一緒に取り組むとさらなる痩身効果が期待できます。
遠赤外線は血行を促進してリジェンスリムの成分の吸収を効率化させることが可能です。

ダイエット外来では、マグマトリートメント、有酸素運動、食事により体重を落とせます。
ダイエットをしながら、もっと美肌にもっと健康な自分を目指しませんか?