診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

組織に優しい
低侵襲な吸引管を使用
セルフレンドリー
カニューラ

セルフレンドリーカニューラ

セルフレンドリーカニューラによる脂肪の吸引とは

組織への影響を小さく、ダウンタイムを抑えたい方へ

通常、シリンジ法による脂肪の吸引の手術は、皮膚表面に数ミリの穴を開け、そこへカニューラと呼ばれる吸引管を挿入して採取します。

ガーデンクリニックでは、このカニューラに特殊な処理を施したセルフレンドリーカニューラを使って施術を行っております。

カニューラ内外部にジルコニウムコーティングを施すことで、組織内の抵抗を抑え、血管や神経へのダメージも抑えます。
そのため、通常のシリンジ法よりも術後の腫れや内出血も少なくダウンタイムも短くなる上に、煩わしい圧迫包帯も1日だけで済むといった多くのメリットがあります。

また、豊胸やエイジングケア治療などの脂肪の注入で使用する際にも、吸引した脂肪がカニューレ内を通る時に破壊されたり汚染されたりすることがないため、健全な状態での注入を可能にしています。
アナロビックトランスファーと呼ばれる器具を使用して、採取した脂肪を空気に触れることなく注入するため、空気汚染やダメージのない新鮮な状態で注入できます。
これにより、生着率も高められます。

術後の生活への影響はほぼなし

外部処理により組織内抵抗が少なくなり、組織に対するダメージを抑えます。
このため、手術後の腫れや内出血を抑えることができ、煩わしい手術後の包帯圧迫は1日のみで、翌日から洋服を着れば手術をしたことさえ気付かれることはありません。