診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

豊尻

豊尻

日本ではあまり馴染みのない言葉かと思いますが、“ほうこうじゅつ”と読みます。
海外のセレブやモデル、ダンサーなど美しいボディラインに気を遣っている方々の間ではメジャーな手術です。日本でも近年注目を集めています。

キレイなお尻の形の条件

なりたいヒップサイズやお尻の形というのは、国や地域、好みによっても異なりますが、一般的に美しいとされている条件はあります。

1. 臀溝部の脂肪量

お尻の下の線(臀溝)から上に5~7cmくらいまでの部分の脂肪は薄い方が美しいとされています。

臀溝部に近い部分に脂肪が多いと、お尻が垂れて見え、脚も短く見えてしまいます。

2. お尻の上・両サイドの脂肪量

また、逆にお尻の上の部分には脂肪が必要です。この部分がふっくら盛り上がっていると、お尻に高さが出て脚が長く見えます。

両サイドにも若干の丸みが必要です。日本人に多いお尻の形として、「四角尻」があります。この形は名前の通り両サイドに丸みがなく、男性的な印象を与えがちに。女性らしいヒップラインを手に入れるには、側面の丸みも不可欠です。

3. 腰・お尻・太もものライン

お尻は、単独で存在しているわけではありません。お尻は腰と太ももと繋がっています。なりたいお尻の形を作るためには、お尻から腰のくびれに向かうライン、お尻から太ももにかけてのラインも美しく整えるのが理想的です。

豊尻術がおすすめの方

妊娠・出産・加齢・痩せなどによりお尻が垂れてしまった方や、社交ダンスなどを趣味にされている方、お仕事などでドレスをキレイに着たい方には特におすすめです。

また、横から見てペタンコな印象のお尻の方に受けていただくと、腰からお尻、お尻から太もも裏側にかけての美しいS字のラインが形成でき、お尻の印象がガラリと変わります。

当院では、その方に合わせた豊尻術をご提案しますので、まずは一度カウンセリングへお越しください。

ヒップも魅力も上向きに

大庭英信
ガーデンクリニック
顧問指導医

誰でも、お尻周りの筋肉は加齢により衰えます。筋肉は、建物でいうと基礎の部分です。その基礎が崩れると、その上に乗っている脂肪や皮膚もたるんできてしまいます。垂れたお尻はメリハリがなく、後ろ姿に老けた印象を与えかねません。

豊尻術では、加齢によるたるみの改善が可能です。たるみを改善することでお尻のピーク(頂点)が上がり、脚長効果が見込めます。また、臀部や太もも、腰の脂肪の吸引と合わせて行うと、リフトアップによる側面の見た目の改善とともに、背面でも腰から太ももにかけての女性らしいS字ラインの形成が可能です。

また、元々お尻にボリュームがない方でも生まれながらにそのヒップラインであったかのような、自然なお尻を作ることができます。

当院では、患者様それぞれに合った豊尻術で、美しく、かつ健康的な印象のヒップラインを形成いたします。どの角度からでも立ち姿に自信が持てる、そんなヒップラインを手に入れて、ファッションや趣味を存分に楽しんでみませんか。