診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

黒ずみ除去レーザーで
メラニン色素を破壊

黒ずみ除去

原因

黒ずみ

大陰唇や小陰唇の黒ずみの原因の多くは、下着や陰毛との摩擦によるものです。
皮膚は長期に渡って摩擦による刺激を受けると、メラニンという色素が皮膚の中で増え、炎症性色素沈着とも呼ばれる黒ずみが発生します。

また、妊娠や出産を経てもホルモンの変化で陰部に色素沈着が起こります。
出産後も、黒ずみが消えないと悩まれている方も多いです。

そんなデリケートなお悩みは、当院の「インティマレーザー」によって改善させることができます。

インティマレーザーとは

インティマレーザーによる効果の持続時間

基本的には一度色素がなくなればその後再発することはないとされています。
インティマレーザーにより破壊されたメラニン色素は体内に吸収されるため、ダウンタイムもほぼありません。
当院の採用しているFotona社のエルビウムヤグレーザーで治療をすれば、数回から効果が見込めます。

数回の治療で美しい色に

施術の流れ

カウンセリング

カウンセリング

カウンセラーがあなたのお悩みを伺います。
どの部分の黒ずみが気になるか、今まで行った治療など詳しく伺います。
直接医師に聞きづらいこともこの時になんでもご質問ください。

診察

診察

医師による診察になります。
黒ずみの種類や程度を医師が診断し、症状に応じた治療法を提案させて頂きます。
女性の医師をご希望であれば、予約されるときに女性医師希望の旨をお伝えください。

施術

医師

麻酔クリームなどを塗るため、痛みはほとんどありません。
不安が強い方は静脈麻酔を併用することもできます。施術は15~30分程度で終わります。

ダウンタイムについて

小陰唇の黒ずみ治療は、1~2週間程度、水などが染みるような症状がありますが、軟膏を塗っていただければ症状が軽減します。
大陰唇の黒ずみ治療は従来の顔のシミなどを取るレーザーとは違い、デリケートゾーンに特化した波長のレーザーで治療するため、ダウンタイムはほぼありません。
翌日からいつも通りの生活をすることができます。

佐藤先生が黒ずみ除去についてのお悩みにお答えします

  • 中学時代からデリケートゾーンの黒ずみが悩みで、プールの授業のときは隠れるように着替えていました。黒ずみが気になって人前での着替えや水着姿にためらいがあります。社会人になってからは旅行に誘われるのも怖くて、黒ずみの悩みが交友関係にも悪影響な気がしてなりません。デリケートゾーンの黒ずみを治す方法はありますか?できれば、目立つ傷跡が残らない方法を希望しています。

    傷跡が目立たない治療方法であれば「インティマレーザー」による黒ずみ除去をおすすめ致します。レーザーを照射する施術なので、切開や縫合などの処置が一切発生せず目立つ傷跡が残りません。
    さらにダウンタイムもほぼ無いため、翌日からいつも通りの生活を送ることができます。
    当院がデリケートゾーンの黒ずみ除去に採用しているレーザー機器は、デリケートゾーンに特化した波長のレーザーです。
    黒ずみの元となるメラニン色素を破壊し、基本的には一度色素がなくなればその後再発することはないとされています。
    インティマレーザーは、ご相談者様のご希望の施術方法に極めて近いかと存じますが、実際にカウンセリングで状態を診させていただいた上で適切な方法をご提案できますと幸いです。
    メールやお電話でもお問い合わせをお受けしておりますので、気になることやご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

  • デリケートゾーンの黒ずみを治すために美容医療に頼りたく、質問させてください。とても怖がりなので、メスを使って切除するような施術はどうしても避けたいです。切らずに黒ずみを解消できる治療方法はありますか?

    当院では、メスを使わずに黒ずみを除去する「インティマレーザー」というレーザー施術をご用意しております。デリケートゾーン用の波長で作られたレーザー機器なので、ダウンタイムもほぼありません。
    また、施術時は麻酔クリームを塗るため、痛みはほとんどございません。もし痛みや施術への不安が強い場合は、静脈麻酔の併用も可能なので眠っている間に施術が終了致します。
    患者様の不安な気持ちを最小限に抑えた施術をご提案致しますので、まずはお気軽にカウンセリングにてご相談ください。