診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

3つの施術で印象的な瞳に デカ目形成

デカ目形成

切らないデカ目形成術とは

二重手術だけでは、デカ目になることはできません。
上まぶたには上眼瞼挙筋という筋肉があります。この筋肉が弱いと、目がパッチリと開かないため、デカ目に見えなくなってしまうのです。
そこで、ガーデンクリニックでは、3パターンの施術を合わせた「切らない形成術」をご提案いたします。

3つのポイント

ポイント1 眼瞼下垂手術

埋没式眼瞼下垂手術

まぶたの裏からの操作になりますので傷跡も残らず、通常の埋没式二重術と併用する事によりさらにパっチリとした目にすることができます。跡もより目立たないように工夫しております。

まずはデカ目筋の補強…切らない「埋没式眼瞼下垂手術」で、あなたの瞳が大きく見えるようにしましょう!

ポイント2 下瞼開大術(たれ目形成術)

埋没式クイック下瞼開大術

まぶたの裏からの操作になりますので、傷跡も残らず腫れも目立ちにくい方法です。

次にたれ目でよりかわいい印象に…切らない「埋没式クイック下瞼開大術」で、下にも広げてより大きい目へ!

ポイント3 二重埋没法(挙筋法)

切らない二重施術です。ガーデンクリニックでは、瞼に優しく且つ取れにくい挙筋埋没法を採用しております。糸も髪の毛よりも細い極細糸を使用するため、術後の腫れを抑え翌日からメイクも可能です。

仕上げに二重術でキレイな二重へ…切らない「二重埋没法(挙筋法)」で、がっつりデカ目が完成!

目を大きくするその他の施術法

目頭切開法(目を内側に大きくする方法)

目頭切開とは、目頭側にある東洋人特有の「蒙古ひだ」を取り除く手術です。
アジア系の人種はこの“ひだ”が邪魔をして平行型の二重や、幅の広めの二重瞼が作りづらい傾向にあります。そのため、このひだが発達している方には、二重の手術をするときに目頭切開を追加することがあります。
また、単独でこの手術をしても、蒙古ヒダで隠れている目頭を出すことで目を大きくすることができます。その他、目の間の長さが短くなることで目鼻立ちがくっきりして、大人っぽい印象の目にすることも可能です。

眼瞼下垂手術・全切開法(目を上側に大きくする方法)

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、まぶたの開きが弱く、黒目がきれいに見えない状態です。
眼瞼挙筋やミュラー筋といったまぶたを挙上する筋肉が弱く、瞼を開く力が弱くなっています。また、年齢的な変化で、これらの筋肉が正しいところから外れてしまっていることもあります。眼瞼下垂の手術はこの眼瞼挙筋やミュラー筋を瞼板という目の縁の部分にしっかり固定することで、瞼の開きを良くして目を大きくすることができます。
全切開法では、埋没法よりもしっかりと二重のクセをつけることができますし、眼瞼下垂症の治療も可能です。

目尻切開法(目を外側に大きくする方法)

目尻切開は目尻側のまぶたに切開を加えて、目を大きくする手術です。
目尻に隠れている白目の量の部分だけ切開をしますが、隠れている白目の量が少ない方は下瞼開大術と併用するとより目を大きく見せられます。極度のつり目の方は、グラマラスラインと併用することをお勧めしますが、少しのつり目であれば、この手術法で改善することができます。

グラマラスライン(目を下側に大きくする方法)

グラマラスラインは下瞼開大術とも言います。
下瞼開大術とは、まぶたの裏側から埋没法もしくは切開法(コンプリート法)で下まぶたを下げることでタレ目を形成する施術法です。パッチリした大きな目や優しい雰囲気の目に整形することができます。
目尻切開と併用することでより目の外側下側への拡大ができますし、重度のつり目の方にも、つり目改善の手術としてお勧めします。