診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

よくある質問
脂肪吸引

脂肪吸引

メリット・デメリットは何ですか?

メリットは、ほとんどリバウンドなく部分痩せが可能なところです。ダイエットでは落としづらい箇所に直接アプローチをして脂肪細胞を減らし、サイズダウンを図ります。
一方、デメリットは外科手術が必要であるというところです。身体が回復するまでの期間(ダウンタイム)が必ず生じ、その間は内出血やむくみ、筋肉痛のような痛みなどを伴う可能性があります。また、脂肪吸引はあくまでピンポイントでの痩身を目的とした手術です。体重や体脂肪の変化はほとんど見込めません。

体重や体脂肪は減りますか?

結論から言いますと、減るのは「サイズのみ」です。脂肪細胞を除去したからと言って、体重や体脂肪率の変化はほとんどありません。
体重に変化がないのは、脂肪が水よりも軽いというところに理由があります。若干の体重の変化は考えられますが、劇的な体重の変化は見込めないでしょう。
また、体脂肪率にも変化がないのには、除去できるのは皮下脂肪だけ、という点に起因します。影響するのは、吸引では除去できない“内臓脂肪”がほとんどです。

内臓脂肪は除去できますか?

除去できません。内臓脂肪は文字通り、内臓の周辺に蓄積します。筋肉の下までカニューレ(吸引管)を挿入する行為は非常に危険で、外科的に取り除くことは不可能とされています。
なお、体脂肪率やぽっこりお腹などの要因は、この内臓脂肪がほとんどです。脂肪吸引で体脂肪率の減少やメタボリックシンドロームの改善は期待できないと言えます。

他院で脂肪吸引を受けたものの、取り残しや取りムラ、凸凹が気になっています。
もう一度受けても問題ありませんか?

赤みや腫れなどの炎症や拘縮(引きつれ感)がない状態であれば再手術は可能ですが、除去しても美しさを損なわないかどうかを判断させていただく必要があります。状態によっては他の部位から注入することでお悩みの改善と美しいボディラインの形成が見込める場合もございます。まずは一度状態をご確認させていただくためにご来院ください。

脂肪吸引以外で痩せるにはどんな方法がありますか?

当院で行う痩身治療は、「脂肪細胞を除去・破壊するもの」と「そうでないもの」でまずは大きく分かれます。
脂肪吸引、溶解注射、リポセル、タイトスカルプティングは脂肪細胞を除去・破壊する役割があり、リバウンドの心配がほとんどありません。脂肪吸引は極細のカニューレ(吸引管)で細胞をダイレクトに除去し、溶解注射は薬剤で溶かす方法です。リポセルとタイトスカルプティングは針もメスも必要とせず、高密度の超音波またはレーザーで破壊・溶解します。
一方、脂肪細胞を除去・破壊しない痩身法には、マグマトリートメントとダイエットピルがあります。マグマトリートメントは溶岩浴をしながらエクササイズを行い、ダイエットピルは服用して食欲や脂肪の吸収を抑制させる方法です。内臓脂肪や体重を落としたい方には、脂肪細胞を除去・破壊しない方法がおすすめいたします。

1回の手術で全身の脂肪吸引は行えますか?

患者様のお身体の負担を抑えながら手術を行っておりますので、1回の手術で全身の脂肪吸引も可能です。ただし、患者様のお身体の状態や吸引する量などによっては、2回に分けての手術となる場合もございます。

「ダウンタイム」とは何でしょうか?

施術を受けていただいてからお身体が回復するまでの期間のことを言います。脂肪吸引におけるダウンタイムとしては、むくみや赤み、内出血などが症状として主に現れ、術後1~2週間ほどかけて改善されていきます。また、術後1週間を過ぎた頃に「拘縮」と呼ばれるつっぱり感が出てきます。これは術後に起きる正常な治癒過程です。3ヵ月ほどで治まると、お身体もほぼ完成の状態となります。

なぜ固定圧迫をする必要があるのですか?

固定圧迫には、「吸引後の出血・腫れの軽減」「水分の排出・血液循環の促進」「痛みの緩和」「拘縮(引きつれ感)の低減」といった4つの役割があります。固定圧迫をきちんと行わなければ、ダウンタイムが長引いたり仕上がりに影響が出たりして美しいボディラインを実現しにくくなってしまいます。当院では圧迫固定を続けていただきやすいよう、包帯圧迫は手術当日のみ。翌日からはボレロやストッキングなどの補正下着に変えられますので、包帯によるズレやかぶれを気にすることなく圧迫を続けていただけます。

皮膚がたるむことはありませんか?

吸引を行ってから3~12ヵ月ほどかけて徐々に皮膚が引き締まっていきますので、時間の経過とともに気にならなくなるでしょう。また、CETインディバ高周波によるアフターケアや他の痩身術を併せて受けていただくことでもたるみを軽減できます。

仕事や学校はどれくらい休みを取ったらいいですか?運動はいつからできますか?

デスクワークの方や座学での授業が多い方などは、翌日から通常通りの生活をお送りいただけると思います。ただし、いつも通りには身体を動かせない場合がありますので、通勤・通学には時間に余裕をお持ちいただくと良いかもしれません。動き回るお仕事や力を使うお仕事、運動を職業の一環とされている方は、結構の促進による腫れやむくみを防ぐためにも術後1週間まではお仕事をセーブされると良いでしょう。ただし、患者様によって日常生活に復帰できる期間は異なりますので、医師及びご自身の体調との相談の上でスケジューリングを行うのがおすすめです。

男性でも脂肪吸引は受けられますか?

性別に関係なく、受けていただけます。ただし、お腹の脂肪に悩まれている男性の場合、吸引では除去できない内臓脂肪の方がつきやすいとされていますので、効果が出にくいことがあります。また、脚や二の腕などが筋肉によって太くなっている場合も同様です。当院では、様々な痩身治療をご用意しております。患者様のお悩み・お身体の状態に応じた治療法をご提案いたしますので、まずはご相談にお越しください。

男性ですが乳房がふっくらとしています。脂肪吸引で改善できますか?

男性の乳房が発達してしまう「女性化乳房」は、真性女性化乳房と偽性女性化乳房の2つに分類されます。偽性女性化乳房は皮下脂肪が増大したために起こり、この場合は改善できます。しかし、真性女性化乳房は乳腺が発達したために乳房が大きくなった状態です。この場合は、乳腺の除去が必要となります。真性か偽性かを見極めるためにも、まずは一度ご相談をいただければと思います。

診療項目から探す