診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

よくある質問
豊胸

豊胸

それぞれの施術法のメリット・デメリットは何ですか?

当院における豊胸術は、大きく分けて「脂肪注入」「シリコンバッグ」「ヒアルロン酸注入」の3種類があります。

【脂肪注入】
メリット:見た目や触り心地が自然、アレルギーがほとんどない
デメリット:脂肪吸引の手術も同時に必要

【シリコンバッグ】
メリット:3つの施術法の中で最もサイズアップが期待できる、サイズをキープできる、美しい形を作れる
デメリット:4~5㎝ほどの切開が必要、術後早期は入念なマッサージが必要

【ヒアルロン酸注入】
メリット:大きな傷にならない
デメリット:100%吸収されてしまう

それぞれの方法でどのくらい大きくできますか?

脂肪注入では1~1.5カップ、ヒアルロン酸注入では0.5~1カップほどのサイズアップが目安となります。
シリコンバッグではサイズに制限はありませんが、カウンセリングにて患者様に合応じたサイズをご提案いたします。

切らない方法はありますか?

メスを使用しない手段としては、ヒアルロン酸注入法が考えられます。
注射器を使用してヒアルロン酸を注入していきますので、傷跡は注入時の針穴のみで済みます。

入院は必要ですか?

いづれの施術法でも入院は必要ありません。
全て日帰りで施術を行っています。

ヒアルロン酸とはどんな成分ですか?

ヒアルロン酸は皮膚や眼球、関節などの体内にも存在し、注入してもアレルギーの出にくい成分です。
保水力や弾力があり、美容整形やシワ治療としても使用されています。
ただし、ヒアルロン酸は時間の経過とともに体内へ吸収されていくという性質を持っており、その性質は注入されるヒアルロン酸も同様です。
100%吸収されてしまう成分になりますので、ヒアルロン酸注入で長期的なバストアップをご希望の方は複数回の施術が必要となります。

脂肪注入後に胸が小さくなることはありますか?

当院では高い定着率が見込めるピュアグラフト豊胸やコンデンスリッチ豊胸などもございますが、注入した脂肪が全て定着するというわけではありません。
吸収されてしまった分だけ胸が小さくなってしまったように感じる場合があります。
最終的な仕上がりを考慮して注入量を調整することも可能ですし、体内に吸収されないシリコンバッグによる施術もございます。
医師との診察・相談の上、注入量あるいは施術法をお決めになるといいでしょう。

シリコンバッグがずれたり、破裂したりすることはありませんか?

当院では組織に馴染みやすく耐久性のあるシリコンバッグを取り扱っておりますので、交通事故などの非常に強い衝撃を与えない限り、普段の生活の中でバッグのずれや破損が起こることは考えにくいです。

シリコンバッグでを希望していますが、周りにバレてしまいませんか?

当院で扱っているシリコンバッグは、身体の動きに合わせて形が変化する、柔らかさが大きな特徴となっているバッグです。
横になっても触っても、不自然な印象はほとんどありません。また、バッグを挿入する位置を大胸筋下にすると、より自然で柔らかいバストが形成できます。
カウンセリングでナチュラルな仕上がりとなる施術法をご提案いたしますので、まずはご相談をいただければと思います。

術後に乳がん検診を受けても問題ないですか?

乳がん検査を受ける医療機関へ、どのような施術を行ったのかを申請された上で、検査の可否を伺っていただくのが最善です。

乳がんになりやすいのですか?

乳がんになりやすくなるという科学的根拠はありません。

脂肪注入によってできたしこりが癌化することはありますか?

万が一しこりが発生したとしても、しこりが癌化することはありません。なお、当院ではしこりの出来にくい脂肪注入法を採用しています。

授乳に影響はありますか?

どのような施術を受けていただいても、授乳への影響はほとんどないと考えられています。
また、乳腺炎を心配される方もいらっしゃると思いますが、乳腺炎自体は妊娠中及び授乳中の女性であれば誰でも起こりうる症状で、豊胸をしたからと言って起こりやすくなるわけではありません。

胸の上部や谷間など部分的な箇所のボリュームは増やせますか?

部分的な箇所のボリュームを増やしたい方には、ヒアルロン酸注入か脂肪注入がおすすめです。
ヒアルロン酸は6~12ヵ月ほどで100%吸収されてしまいますので、永続的に部分的なボリュームアップをご希望とされる方でしたら脂肪注入をおすすめいたします。

痩せ型ですが脂肪注入を希望しています。手術は可能ですか?

当院では、痩せ型の方でも脂肪を吸引できる施術をご用意しておりますが、まずはお身体の状態を拝見する必要がございます。ぜひ一度ご相談にいらしてください。

過去に他院で受けた豊胸でも修正してもらえますか?

対応可能です。シリコンバッグの入れ替えや左右差・段差の修正など、どのようなお悩みでもご相談をいただければと思います。

現在シリコンバッグが入っていますが、もう少し大きくしたいです。ヒアルロン酸注入や脂肪注入をしても問題ないですか?

シリコンバッグが大胸筋下に挿入されている場合でしたら、注入が可能です。
しかし、シリコンバッグが乳腺下に挿入されている場合ですと、注入時に針でバッグを破損してしまう恐れがありますので、注入はおすすめできません。

胸を小さくしたいのですが…

当院では、大きすぎるサイズや垂れてしまった胸、左右差によるお悩みを改善するために、乳房縮小術も行っております。
脂肪の増大に起因する大きいバストには脂肪吸引、乳腺の発達に起因する大きいバストには乳腺切除など、原因や状態に応じた施術をご提案いたします。

男性でも受けられますか?

決して女性だけの美容施術ではありません。男性でも施術を受けていただけます。
脂肪注入、シリコンバッグ、ヒアルロン酸注入、どちらの施術も可能です。
ご要望とお身体の状態に合わせて施術法をご提案いたしますので、お気兼ねなくご相談ください。

男性ですが、大きな乳房に困っています。小さくすることはできますか?

脂肪の増大または乳腺の発達によって男性でも乳房が発達してしまう症状「女性化乳房」も当院で改善できます。
脂肪の増大が原因である方には脂肪吸引を、乳腺の発達が原因である方には乳腺切除が適応です。
当院は完全予約制でプライバシーにも配慮しておりますので、ぜひ恥ずかしがらずにご相談をいただければと思います。

陥没乳頭(陥没乳首)の治療後、授乳に影響はありますか?

程度によっては、乳汁の出る管(乳管)の温存が難しい場合もございます。まずはカウンセリングにてご相談ください。

乳がん治療のため乳房を全摘しました。乳房再建はしてもらえるのでしょうか?

ガーデンクリニックでは、豊胸手術のノウハウを乳がん手術で大切な乳房を失ってしまった患者様のために活用するために、乳房再建手術を行っております。
シリコンバッグの挿入または脂肪注入での再建術が可能ですので、再建をお考えの方はぜひ一度ご相談をいただければと思います。

乳輪の黒ずみを改善したいのですが、何か方法はありますか?

乳輪の黒ずみでお悩みの方には、2種類のレーザー治療をご提案しております。
数回に分けて徐々に色調を改善させる「インティマレーザー」、黒ずみを1度の施術で改善できる「ピコレーザー」からご要望に合ったものをお選びいただけます。

診療項目から探す