美容整形・美容外科

美容皮膚科

歯科治療

tel

カウンセリング予約

メール相談

LINE

診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

【エイジングケア】ドクターコラム

片方の口元にシワが
出来た方の
原因と治療方法

このページでは、片方の口元にシワが出来る原因と治療法について解説いたします。片方だけの場合でも、美容外科での施術で改善できます。

原因

片方だけにシワが発生している原因は、生活習慣です。元々人間の顔は左右非対称と言われており、左右均等にパーツが整っている人の方が稀でしょう。しかし、生まれながらの骨格をさらに歪ませてしまうのが日々の動作や癖です。片側の筋肉や皮膚ばかりを使っていると、骨格が歪んでいってしまいます。

こんな癖がついていませんか?

癖・習慣 続けていくと…
片側ばかりで噛む 片側ばかりの筋肉が発達し、噛まない方の筋肉が衰えて片方だけにシワができる。
頬杖をつく 顔の重心が片方だけに寄り、顔が歪む可能性がある。頬杖をついた時のシワがそのまま固定される恐れも。
横を向いて眠る 同じ方ばかり向いて寝ていると、下になった側は顔全体の重力がかかってシワになる。

左右均等に力が与えられていなければ、筋肉の強さや重力に偏りが出ます。それが、片方だけのたるみ、ひいてはシワの発生に繋がるのです。

セルフケア

片側だけのシワは生活習慣によって引き起こされるとお伝えしました。この場合、意識して癖を改善すれば徐々に改善されていくでしょう。

  • 咀嚼する時は両側でしっかり噛む
  • 頬杖をつかない
  • 仰向けの状態で寝る習慣をつける
  • 姿勢をよくする

食事

姿勢をよくすることは、身体の歪みを改善する効果が見込めます。身体の歪みは顔にも影響を及ぼすため、噛み癖や表情の癖などを改善できると言われています。

他には、「就寝時に医療用のテープを貼って、シワを伸ばす」といった方法もあるようです。

しかし、癖というのはなかなか治るものではありません。就寝時ならなおさらです。いずれの方法も改善されるには時間がかかりますし、「片側の筋肉ばかり使っていたから反対側の筋肉を使わなければ」と実践されるかもしれませんが、度を超すとそちらが癖になる可能性もあります。

残念なことにセルフケアには、限界があるのです。

左右差を埋めるには美容外科での治療がおすすめ

美容外科における治療は、効果が約半年以上持続し、腫れや痛みなどのダウンタイムもほとんどありません。癖を見直してもなかなか改善されない方や、ご多忙な方は美容外科での治療がおすすめです。

ヒアルロン酸注射

注射

ヒアルロン酸は人間の体内に常在する成分で保水力が高く、細胞と細胞の間でクッションのような役割をしています。肌のハリやツヤを保つのに重要な物質ですが、歳を重ねるにつれて次第に減っていくのがヒアルロン酸の特徴です。

このヒアルロン酸がシワのある部分に注入されることで、皮膚を持ち上げます。注入したヒアルロン酸は徐々に吸収され、効果はおおよそ6~12ヵ月間です。

ダウンタイムはほとんどなく、術後はメイクをしてお帰りいただけます。

テスリフト

テスリフト

テスリフトは、吸収性の糸をお顔に挿入してたるみを引き上げるリフトアップ法です。突起のついた糸の周りを3Dメッシュが覆う特殊な形状の糸を使用します。

メッシュ部分が組織と一体化し筋膜をしっかりと引き上げ、安定的なリフトアップ効果と将来的なたるみ予防に効果的です。バランスを見ながら必要な本数を挿入するため、左右均一のお顔立ちに整えられます。

糸は8~12ヶ月程で吸収されますが、糸が吸収された後も長期間にわたってリフトアップ効果は継続します。(※効果には個人差があります)

テスリフトの糸はコラーゲンやエラスチンの生成作用もあり、ただ引き上げるだけでなく、肌のハリとツヤを取り戻す効果も見込めます。

経年は大敵

施術の中には、コラーゲンを生成させる作用のある施術がいくつもあります。それらの施術は今あるシワの改善とともに、今後発生するものの予防にも効果が見込めます。

片方の口元だけにできたシワに悩み、セルフケアや生活改善をされる方も多いかもしれません。しかし、先述した通り原因の1つは加齢です。深くなってしまう前にメンテナンスを行えば、いつまでも美しく年を重ねることができます。

ご自身での改善は時間を必要とします。片方だけのシワに悩んでいるうちに他の箇所も気になってきてしまう可能性も否めません。早期の対策と予防が重要です。

エイジングケア 新着ドクターコラム

関連診療項目

診療項目別 ドクターコラム

お顔

ボディ

その他

ガーデンクリニック理事長
大庭英信
HIDENOBU OBA

略歴

1994年
東京慈恵会医科大学 卒業
1995年
某美容外科 入局
1997年
帝京大学溝の口病院 麻酔科勤務
東京慈恵会医科大学解剖学教室にて臨床解剖研究
1998年
某大手美容外科クリニック 院長就任
2013年
ガーデンクリニック 開院

所属学会・資格

日本美容外科学会正会員