診療時間 10:00〜19:00(年中無休)

横浜院 院長
清水三嘉

横浜院 院長
清水三嘉
MIKA SHIMIZU

略歴

2000年
東京女子医科大学医学部 卒業
2010年
某クリニック 院長就任
2013年
ガーデンクリニック池袋院 開設
2015年
ガーデンクリニック横浜院 開設
2017年
ガーデンクリニック名古屋院 院長就任
2019年
ガーデンクリニック横浜院 院長就任

所属学会・資格

日本形成外科学会正会員
日本美容外科学会正会員

心健やかにイキイキと楽しい人生を

キレイになったり、昔の自分を取り戻すことで、心が健やかになりイキイキと楽しい人生が広がった多くの患者さまを診て参りました。

そうした意味で美容医療は、外見だけでなく内面も豊かにし、美しさと幸せを届ける力があると感じています。

名古屋院では手作業で丁寧にボディをデザインする脂肪の吸引やシミやシワ・たるみを解消するアンチエイジングの治療に力を入れており、どちらの施術も美しく自然な仕上がりに多くの患者様から喜びの声をいただいています。

患者様ごとに希望するイメージは異なりますが、オープンマインド、オープンアイズで、可能な限り希望のイメージに近づけるよう、丁寧な対応と施術をこれからも心がけていきたいと思います。

是非、一度、カウンセリングへお越し下さい。

インタビュー

どうして美容外科医になったのですか?

以前は、プライマリーケアの総合診療医として働いていました。
美容外科医に転向した理由は、「人が変わろうとするきっかけを作ることができる」ということに魅力を感じたからです。
ファッションやメイク、ボディ、顔立ちなど、人の印象の8~9割は見た目で決まります。
見た目の善し悪しが本人の心に与える影響力は大きく、ちょっとしたきっかけを与えてあげることで、いい意味で人は変わっていける、変わっていく、それをサポートできるのが美容外科医の醍醐味のひとつであると思いました。
一般的に、美容外科医は形成外科などの外科系出身の医師が多いと思われがちですが、海外などでは有名な美容外科医は家庭医出身が結構多くいるんです。
医師として、内科や皮膚科、婦人科、外科など、基本的なことはすべて学んでいましたし、何より、美容外科にとって重要なのはセンス。それに関しては自信がありました。

得意な手術は何でしょうか?

脂肪の吸引のような比較的ダイナミックなオペが得意です。
幼少期から立体的にものを見たり、ものを作ったりする空間認知度が高いと言われていました。
何かを介して空間で操作することが得意なので、昔からクレーンキャッチャーもうまいんです(笑)。
脂肪の吸引はいわゆるブラインド手術で、手元でなく、見えない体の中を立体的にデザインしていく作業。
だから好きだし、こだわりもあるし、得意なのだと思います。
骨格や皮膚の質感、吸引する部位を考え、患者さんそれぞれのニーズに合わせてボディをデザインしていきます。
同様に、立体的に仕上げるという点では、くぼんでいるところに脂肪を注入して若返り効果を狙う「オートファイバー」も得意とする手術です。
年齢とともに頬の位置がさがってくるので、この位置をあげてあげると元気に見えるし、ほうれい線も目立たなくなりますよ。
他には、糸を使ったフェイスリフト術、ヴィーナスリフトも患者さんからよく指名をいただきます。
皮膚を切る必要もなく、頭皮の中だけに糸を通し、頭蓋骨の形に合わせて糸を引きあげてたるみを取り除くので、ダウンタイムも短くておすすめです。
アンチエイジングは予防が大切。
シワなどが深く刻み込まれる前に、早め早めのケアを心がけることで、時が止まった若々しいフェイスをキープすることが可能です。

先生の趣味や特技を教えてください。

休日はサーフィンやゴルフなど、ほぼ外でアクティブに体を動かしています。
最近は、体のメンテナンスにはまっていて、週1回、ひのきと米ぬかの酵素風呂に通っています。
1回15~20分入りますが、明らかに、体調に変化を感じるようになりました。
温熱療法はがんの治療にも使われていて、免疫力や代謝アップの他、美肌&美白など美容面でも効果抜群です。
同時に、毎日のセルフケアに取り入れているのがバスタイム中のリンパマッサージ。
ワキとデコルテ部分、顔を指の関節を使ってグリグリとマッサージしながら老廃物を押し流します。
リンパがスムーズに流れると、その後に使用するスキンケアの浸透も良くなるので、是非、毎日の習慣に取り入れみてください。おすすめです。
特技に関しては料理ですね。
料理はオペと似ていて、クリエイティブで創意工夫が必要だから作っていて楽しいし、ストレス解消にもつながります。
有機野菜など、季節にあった旬の食材を毎週取り寄せて料理を作ること、食べること、両方を楽しんでいます。
"食べるものが自分自身を作っている!"と強く実感しているので、グリーンスムージーや、玄米&大麦のおにぎりなどをランチに持参して、食生活にも気を配っています。

美容について悩んでいる方にメッセージを。

外見のコンプレックスが原因で鬱になったり、塞ぎ込みがちな人は、抗うつ剤などの薬に頼るのではなく、美容医療で解消できることはたくさんあるので、是非、利用して欲しいと思います。
薬はあくまで一時的な抑止効果だけですが、見た目の悩みは美容医療で根本的な解決が可能です。
若返ることで旦那さんとの関係を昔のように新鮮なものにしたい!という主婦の方や、加齢で疲れた印象に見える顔つきを明るい表情に変え、バリバリ仕事をこなしたい!というビジネスマンや経営者の方など、楽しい人生を築くために美容医療を希望する方も増えています。
自分らしく、イキイキと元気に過ごすためのきっかけとして美容医療を取り入れてもらえればと嬉しいですね。
今後、私が推奨していきたいのは、シニアや高齢者に向けた「オプティマルヘルス」。
年相応の健康美を根本的に考えた上でのアンチエイジングで、不自然でない健康的な若返りをもっと広く普及させていきたいと考えています。

症例写真 ▶症例写真一覧

  • 清水三嘉医師による眼の美容整形 術前

    清水三嘉医師による眼の美容整形 術後

    10代/女性

    埋没法を受けられた患者様です。

    術前は腫れぼったかった印象ですが、二重になって目がぱっちりとしました。

  • 清水三嘉医師による輪郭形成 術後

    清水三嘉医師による輪郭形成 術前

    20代/男性

    20代男性、顎の整形・骨切りよる症例写真です。

    下顎が少し前方に出ていることを気にされて来院しました。 キレイなラインを形成するために、下顎の骨切りの後に、中抜き、 最後にオトガイ形成で先端を前に出す施術を行いました。

    術後1ヵ月の写真では、前に出っ張っていた口元がすっきりとして、 Eライン上に唇がのりバランスのよいキレイな横顔に仕上がっています。

    口元は見た目の印象を大きく左右する部位。 この部分が整うことで、イメージもがらりと変わるので、気になる方は相談ください。

  • 清水三嘉医師による下半身の脂肪の吸引 術前

    清水三嘉医師による下半身の脂肪の吸引 術後

    30代/女性

    こちらは腰からお尻・太ももと、下半身全体の脂肪吸引をされた方の症例写真です。

    経過8ヵ月後ですが、リバウンドすることなく、スリムなボディラインを保っています。

    このように脂肪吸引は、脂肪細胞自体を除去する為、リバウンドの心配がほとんどありません。 また、当院はシリンジ法による施術を行うため、ダウンタイムの時間も短縮されます。

    ダイエットでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • 清水三嘉医師によるお腹の脂肪の吸引 術前

    清水三嘉医師によるお腹の脂肪の吸引 術後

    20代/女性

    脂肪吸引して2ヵ月後の症例写真になります。

    油断していると簡単に脂肪がつきやすく、ダイエットでは落としにくい下腹部周り。 ぽっこり出ていた脂肪を取り除き、女性的なボディラインと引き締まったくびれのある綺麗なお腹周りになりましたね。

    脂肪吸引は脂肪細胞を完全に除去してしまうのでリバウンドしにくいのもメリットのひとつです。

    当院ではお一人お一人のお悩みに合わせたボディデザインを行いますので、ぜひカウンセリングへお越し下さい。

  • 清水三嘉医師による二の腕・二の腕付け根の脂肪の吸引 術前

    清水三嘉医師による二の腕・二の腕付け根の脂肪の吸引 術後

    20代/女性

    脂肪吸引して9ヵ月後の症例写真になります。

    薄着になる季節がやってくると誰もが気になるのが、二の腕の脂肪かと思います。 たるんと垂れ下がった二の腕はどうしてもだらしない印象になってしまいます。

    こちらの方も二の腕にお悩みで来院されました。 術後はすっきりと綺麗になり、患者様もノースリーブの洋服を気にせず着れて、 おしゃれが楽しめると喜んでおられました。

    当院ではアフターケアも万全ですので、どんな小さなことでもお気付きの点がございましたらお尋ねください。

  • 清水三嘉医師による二の腕・二の腕付け根の脂肪の吸引 術前

    清水三嘉医師による二の腕・二の腕付け根の脂肪の吸引 術後

    20代/女性

    二の腕と付け根の脂肪吸引後5ヵ月目のお写真です。

    腕の付け根の盛り上がりがなくなり、すっきりとしました。 腕を出す機会の多くなる夏を迎える前にガーデンクリニックに是非一度ご相談ください。

  • 清水三嘉医師による二の腕・二の腕付け根の脂肪の吸引 術前

    清水三嘉医師による二の腕・二の腕付け根の脂肪の吸引 術後

    30代/女性

    二の腕のボリュームにお悩みだった方ですが、 脂肪吸引術後1ヵ月でほっそりとした二の腕になりました。

    まず二の腕全体のボリュームを減らし、更にポイントとなる付け根部分のラインを整えることで、 ラインが自然でほっそりとした印象になりました。

    多くのクリニックでは二の腕の脂肪吸引をする場合、 肘に入口をつくりカニューレアクションを行います。 しかし肩に近づくとカニューレが届きにくくなるため、 取り残しが多くなりしっかりした施術の効果が得られません。

    付け根で脇にも入口を作り腕を両方向から吸引することで、万遍なく除去することができ、 施術効果も実感しやすくなります。

    ガーデンクリニックの脂肪吸引ではお客様のご要望に合わせ、 全体的な二の腕のバランスを考慮しながらサイズダウンすることが出来ます。

  • 清水三嘉医師によるお腹の脂肪の吸引 術前

    清水三嘉医師によるお腹の脂肪の吸引 術後

    40代/女性

    40代女性のウエスト・腰部分の脂肪吸引、術前と術後経過1ヵ月後の症例写真です。

    お腹にくびれはあるものの、若干ウエストと腰回りに脂肪が付き少しふくよかな印象を持っていましたが、 術後はおなか~腰回りが全体的にすっきりしたことで、 くびれはもちろん、ヒップ周りもより女性らしい印象に変化しています。

    おなか・ウエスト周りをきゅっと引き締めるだけで、 ヒップなど皮下脂肪が付きやすい部位まですっきりした印象に変化させることができます。

    ガーデンクリニックの脂肪吸引は患者さまのご希望・ご要望に沿って、 医師が丁寧にボディデザインを行っております。一度ぜひご相談ください。

  • 清水三嘉医師による下半身の脂肪の吸引 術前

    清水三嘉医師による下半身の脂肪の吸引 術後

    女性/20代

    20代の下半身の脂肪吸引をされたモニター様の症例写真です。

    こちらのモニター様は下半身が太いことにお悩みで来院されました。

    太ももは脂肪がつきやすく、とれにくい箇所です。 とくに内太ももは、体幹を鍛えたりスクワットなどの運動をしても なかなか効果がでるまで時間がかかる部位です。

  • 清水三嘉医師によるお腹の脂肪の吸引 術前

    清水三嘉医師によるお腹の脂肪の吸引 術後

    20代/女性

    脂肪吸引して2ヵ月後の症例写真になります。

    油断していると簡単に脂肪がつきやすく、ダイエットでは落としにくい下腹部周り。 術後は女性的なボディラインと引き締まったくびれのある綺麗なお腹周りになりましたね。

    脂肪吸引は脂肪細胞を完全に除去してしまうので、リバウンドしにくいのもメリットのひとつです。

    当院ではお一人お一人のお悩みに合わせたボディデザインを行いますので、ぜひお気軽にカウンセリングへお越し下さい。